感想

洋画『ワンダー 君は太陽』感想。感動のドラマ動画無料視聴する方法

ワンダー 君は太陽

『ワンダー 君は太陽』あらすじ

ごく普通の10歳の少年オギーは、生まれつきの障がいにより、人とは違う顔をもっていた。幼い頃からずっと母イザベルと自宅学習をしてきた彼は、小学5年生になって初めて学校へ通うことに。はじめのうちは同級生たちからじろじろ眺められたり避けられたりするオギーだったが、オギーの行動によって同級生たちは少しずつ変わっていく。<映画.comより>

『ワンダー 君は太陽』感想

『ワンダー-君は太陽』感想-00

ポイント

監督:スティーヴン・チョボスキー

キャスト:ジュリア・ロバーツ、ジェイコブ・トレンブレイ、オーウェン・ウィルソン、マンディ・パティンキン

ジュリア・ロバーツ、オーウェン・ウィルソン出演作、

「実は、この2人の俳優よりも、子役の俳優たちと全体のアンサンブルが目立った映画で、米国では1億ドルの興行だった本当にびっくりワンダーヒットした映画です。

『ワンダー-君は太陽』感想-01

他人と少し違う外見をした「オギー」は、家を出て初めて学校に行きます。

そこでは当然、子供たちの差別と冷やかしがあり、しかし、その分良い友達にも出会うもの。

でも、この幼い子に周りの視線と差別は大変だったのに…。

R.J.パラシオの同名小説が、映画原作の『ワンダー 君は太陽』人とは違う外見で生まれた「オギー」の話であることは知っていましたが、

映画の物語をもっと豊かにしてくれたのは、単にオギ1人の物語だけではなかったからです。

オギー、ビア、ジャック・ウィル、ミランダ>

『ワンダー-君は太陽』感想-02

このように主人公「オギー」をめぐる周りの人物たちの関係と本音まで映画は抱えながら

より物語的にも、感性的にも豊かになります。

『ワンダー 君は太陽』は、ただ他人と違う外見を持った主人公の単純克服期ではなく、彼をはじめとして <周りの家族、お姉さん、友達>たちまでみんなそれぞれの本音で苦しめながらも、またひとつになるようにする成長ストーリー。

外見が大変な弟を中心に帰る家族の中で、「思春期的な本音さえも耐えなければならなかった姉のヴィア」最初は他の子たちと一緒に「オギー」を変な風に見ていたが、「次第に真の友達になっていくジャック・ウィル」

オギーの家族のように幸せな環境ではなくて大変だったという<ビアの親友ミランダ>世の中の皆が各自の苦労を持って、勝ち抜くしかないということに、拍手を送り、応援するようになる彼らの物語『ワンダー 君は太陽』

映画は成長期の子供たちに  <良い友達という人生を送るようにするもう一つの理由>として<関係の真正性>をもう一度輝かせるように,  意味深く見せて,  そのすべてをきめ細かくケアし,  撫でてあげ,  お互いが抱く家族ドラマに進んでいきます.

輝いた子役俳優ジェイコブ・トレンブレイ、ジュリア・ロバーツ、オーウェン・ウィルソンなどが後ろで支えてくれますが、やはり子役の演技が素晴らしいですね。

『ワンダー-君は太陽』感想-03

「人とは違う外見」をしているが、前向きに打ち勝つ主人公「オギー」役の子役俳優は、実際の顔ではなく特殊メイクで大変な演技をしているはずなのに。

今度の『ワンダー 君は太陽』で輝く演技を見せてこの子役俳優に賞を一つでも与えたくなりますね。

異なると向き合う勇気、世に向き合う勇気、

映画『ワンダー 君は太陽』

映画に本当に良いセリフが多くて、その点も良かったんですが。

"オギーの外見は変わりません。 それなら、私たちの視線を変えなければならないでしょう。"

"厳しい戦いをするすべての人に親切にしろ。"

<違う目への視線>をもっと幅広くしてあげ、外見だけでなく個々人の苦しい戦いのみんなに応援をしてもいいという映画『ワンダー 君は太陽』のメッセージは、だからこそますます輝きます。

成長期の子供たちに、または一緒に見る大人たちにも<世界の違いに対するもっと幅広い見方>を伝えることもできるこの映画『ワンダー 君は太陽』

多くの方々におすすめしたい本当にいい映画でした。

『ワンダー 君は太陽』 無料フル動画視聴する方法

『ワンダー 君は太陽』は暖かいドラマがすきな方には新しい面白さを与えてくれる映画です。

主に『ワンダー 君は太陽』を観れる動画配信サービス一覧

動画配信サービス 視聴状況
U-NEXT 見放題
dTV 見放題
Amazonフライム 見放題
NETFLIX 見放題
VideoMarket 440円
music.jp 440円
TSUTAYA TV 400円

無料で観れる方法とはU-NEXTで31日間お試しで視聴すれば無料で観れます。

『ワンダー 君は太陽』口コミ

『ワンダー-君は太陽』感想-04

関係という複雑な迷路と愛という奇跡を理解する子どもたち、その子どもたちの世界を精一杯支持する大人たち。 一人一人手を差し伸べて友達になろうと言いたい愛らしいキャラクターたちが<ワンダー>の宇宙をいっぱいに満たす。 キャラクターの中で誰の話を追いかけても、いったん一度共感が始まれば、この映画を好まないというのは不可能に近い。

ジェイコブ・トレンブレイのおすすめ作品

  • ソムニア -悪夢の少年-(2016)
  • ワンダー 君は太陽(2017)
  • ザ・プレデター(2018)

洋画はU-NEXTが一番おすすめ

U-NEXTなら見放題作品数No.1-02-768x864

動画配信サービスの中で25ヶ月連続「見放題作品数No.1」であるU-NEXT。

洋画、邦画の動画もやっぱり圧倒的な見放題作品数です。

レンタル作品も毎月もらえる1200ポイントで足りなずにたくさん観れますので、

動画配信サービスの満足度が高いU-NEXTを利用してください。

まずは無料トライアル登録から31日間無料で使用できます!

配信サービスはU-NEXTが一番です!

今すぐ31日無料トライアル

※お試し期間(31日間)のあいだに解約すれば、料金は一切かかりません!

  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の世界で一番映画を見る映画民族韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。仕事上がりでも、「アニメ1クール(11~13話)」「韓ドラ4~6話」「映画2~3作」程度は一日中で見るのが同然。

-感想

© 2020 動画オタク