感想

洋画『最強のふたり』感想。あらすじ、フル動画を無料で見れる方法

『最強のふたり』あらすじ

パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった富豪の男と、介護役として男に雇われた刑務所を出たばかりの黒人青年の交流を、笑いと涙を交えて描く実話がもとのドラマ。まったく共通点のない2人は衝突しあいながらも、やがて互いを受け入れ、友情を育んでいく。<映画.comより>

『最強のふたり』感想

『最強のふたり』感想-00

ポイント

『最強のふたり』、Untouchable 2011

監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ

キャスト:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、アンヌ・ル・ニ、オドレイ・フルーロ

フランスのボックスオフィス10週連続1位、興行収入1億ドル突破。フランスの感動実話映画『最強のふたり』

ポイント

上位1%  半身不随の中年男性、

下位1% 前科者出身の愉快な男性、

二人の奇怪な同棲とコミュニケーション!


この映画は実話を基に作られた映画です。 パラグライダー事故で半身不随になった中年男性「フィリップ」、彼は体は使えないが上位1%に属する富豪だ。 おかげで半身不随でも多くの人々の助けを得て生活をうまく営んでいる。 彼を補助するための男性ヘルパーとして下位1%「ドリス」が抜擢されるが、この不釣合いな二人の生活が続き、全く想像もしなかった変化が二人に起きる。

体は使えないが素敵な貴族の風貌を漂わせるジェントル男「フィリップ」、お金はないが自由にそして愉快に生きていく愉快男「ドリス」。 仕事の関係で会った彼らで、互いに通じるもの一つない背景と性格の彼らだが、彼らは「通じる。」 なぜだろう?  それはお互いが持っていないものが、お互いにあったからだ。 そして、それらがお互いに必要だったからだ。

「フィリップ」には自分を補佐し、自由にしてくれる「身体的な助け」が、「ドリス」にはすぐに食べていけるだけの寝食とお金が必要だった。 たとえ彼らの始まりが「必要」によるものだったとしても、重要なのはお互いの人生で「助け」になり、「明るい光」になってくれたことだ。

全く通じそうになかったこの2人、ジェントルマンだったフィリップは、自由な魂のドリスに出会いながら部屋の中での生活から抜け出して「逸脱」も感じ、「愛」もするようになり、魂の解放を感じる。 「ドレス」は底辺の生活から少しの間ではあるが、フィリップと過ごしながら自分の絵の能力も発見し、他人を助けながら得るものも生まれる。物質的な自由も一時的だが、もちろん。 結局、彼らはこの世で「疎通」した二人だけの「友達」を作ったのだ。 疎通、友情、そして世界に踏み出すようにしてくれたお互いの助け。

映画的演出なら明らかだが、

これは実話だ!

だからもっと心に響くメッセージ!!

半身不随、助ける2人のコミュニケーション。

文章だけを取っているが、これは間違いなくたくさん見てきた構成だ。そうしたら、この映画は感動ドラマとしてしか映らなかっただろうが、映画は実話を基に作られた。それでさらに厳しい世の中での「一つの光」のようにメッセージが近づいてきた。

映画は感動の実話を描いているが、涙を流させるあるいは、わざと感動を誘発するような部分が意外とほとんどない。 映画は愉快で、この二つがコミュニケーションをとり、お互いに「変化」を与えていく過程をまるで実際のようにうまく描いているだけだ。 感動だけど、泣かせはしない。 それが『最強のふたり』を愉快にかつ真実に眺めることができるようにする理由だ。 中年男性と若い男性、上位1%と下位1%、白人と黒人…。 対比されることがもっと多い彼らだが、誰よりもお互いを理解し合い、お互いの暮らしに役立っていく光と塩のような存在になっていくフィリップとドリス。

真の友達とは、真の疎通とは、

お互いが時には同じところを眺めながら助け合い、

時にはお互いに知らないところを教えてくれる

そういうことではないかと思う。

『最強のふたり』感想-01

それを教えてくれた映画『最強のふたり』

この映画がどうしてフランスですべての海外イシュー作まで押しのけて、10週間ボックスオフィス1位になったのか、すぐ理解できた。 映画のスタートから「アース·ウィンド·アンド·ファイアー(Earth  Wind  And  Fire)」の愉快な曲で観客たちを気分よくさせ、この二人がどのようにコミュニケーションを取り、変化しながらお互いの光になっていくのか、気持ちよく描き出す映画『最強のふたり』。実話だからこそ感動的なメッセージが観客たちの心に突き刺さり、世の中の希望と疎通について語り合い、お互いの痛みはお互いに理解し合ってくれる最高の友達。 年齢、性別、人種、背景なんて重要じゃない。 それこそ他人は手をつけられない彼らだけの「疎通」さえ可能なら。

フィリップはクラシックをドリスに教えて、ドリスはフィリップに楽しいiPod用の音楽とダンスを教えてくれる。再び、ドリスはフィリップに忘れていた愛の感情と勇気を与え、フィリップはドリスに隠されていた美術的能力を悟らせてくれる。一つが行けば、一つが来て、もう一人が助けてくれるなら、もう一人がまた一つの助けになってくれて。そうして前に進むことができるようにし、これが人が生きる世の中ではないかと思う。意図せずに動く世界で、一人でも「疎通」が本当に可能な友人がいるなら、その世界は生きる価値がある。映画『最強のふたり』はそれを見せてくれた。まさに実話だ。 2012年を開く感動のストーリー、しかしそれを愉快に描いた『最強のふたり』、一度ご覧になってみてほしい。 後悔はしないと思います。

*  現在、彼らの人生はどうなったのだろうか。 映画の終わりに、この2人の現在の暮らしが少し伝わってくる。お互いの人生の助けになってくれた彼ら、

『最強のふたり』フル動画、無料で見れる方法

『最強のふたり』フル動画、無料で見れる方法

『最強のふたり』フル動画はU-NEXT会員なら見放題で見れます。31日間無料トライアル期間があるのでぜひお試しください。

『最強のふたり』のリメイク版とドキュメンタリーもありますのでぜひご覧ください。

配信サービスはU-NEXTが一番です!

今すぐ31日無料トライアル

※お試し期間(31日間)のあいだに解約すれば、料金は一切かかりません!

  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の世界で一番映画を見る映画民族韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。仕事上がりでも、「アニメ1クール(11~13話)」「韓ドラ4~6話」「映画2~3作」程度は一日中で見るのが同然。

-感想

© 2020 動画オタク