感想

洋画『マトリックス』感想、あらすじ、フル動画を無料で見れる方法

マトリックス

『マトリックス』あらすじ

プログラマとしてソフト会社に勤務するトーマス・アンダーソンは、ネオという名で知られた凄腕ハッカーでもあった。ある日、トリニティと名乗る美女から接触を受けたネオは、彼を探していたという男、モーフィアスと会う。モーフィアスは、人類が現実だと思っている世界が実はコンピュータにより作り出された「マトリックス」と呼ばれる仮想世界であり、本当の現実世界でネオをはじめとした人間たちはコンピュータに支配され、眠らされているという驚きの真実を明かす。モーフィアスの誘いに乗り、本当の現実世界で目を覚ましたネオは、ネオこそが世界を救う救世主だと信じるモーフィアスやトリニティとともに、コンピュータが支配する世界から人類を救うため戦いに乗り出すが……。

<映画.comより>

『マトリックス』感想

『マトリックス』感想-00

出典:NAVER映画

ポイント

『マトリックス』 (1999)

原題:The Matrix

監督:アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー

キャスト:キアヌ・リーヴス, ローレンス・フィッシュバーン, キャリー=アン・モス, ヒューゴ・ウィーヴィング, グロリア・フォスター, ジョー・パントリアーノ

20世紀の映画とは信じられないほど素晴らしい映画だったので、とても驚き、たくさんのことを考えるようになった。

『マトリックス』感想

マトリックスを見なくても分かるあの有名な赤薬の青い薬だ。青い薬を飲めば、目が覚めて元々の人生を生きることができ、赤い薬を飲めば、本当の現実が分かるようになる。 当然、主人公のネオは赤い薬を飲んで真実と向き合うようになる。哲学的によく出る問題だ。 私が住んでいるこの世の中が本物なのか。 プラトンが最初、洞窟の比喩を挙げながら「今私が生きている世界は事実ではなく、ただ影に過ぎない」と話したように。 実際、筆者もこのようなことを多く考えてみた。果して私が今、五感で向き合う現実が真実なのかどうして確信することができるだろうか。それは単に脳から送られる信号に過ぎないかも知れない。 そう見えるように設計済みで,それが真実なのかどうかさえ分からない. それで筆者は悩んだ末、生きている世界を信じることに決めた。理由は単純だ。 私が生きている全てのものが脳の物理的現象に過ぎず、全て嘘だったら生きていく上で私の存在そのものが無意味になるだろうと考えたからだ。私は私という人の存在そのものが特別で価値があると思う。 そして、このような私の考えが正当化されるには、私が住んでいる世界も現実そのものでなければならない。

以前は知らなかったが、マトリックスの世界観は本当にすごい。その当時、ITバブルによってインターネットが人々の暮らしを変えることもあり得るという考えが蔓延していたので、十分にこのような考え方ができるかもしれないが、1990年度にこのような考えをしたということ自体に非常に驚かされる。このメトリクスの全般的な内容は、機械と人間が戦って結局は機械の勝利であり、人間は機械のエネルギー源である太陽を取り除く方法をとったが、太陽がなくなってから、機械は人間を本人たちのエネルギー源として使い始めたというものである。結局、人間は栽培される存在になってしまったのであり、機械は彼らからエネルギーを得ることになる。 このように機械は「マトリックス」という世界の中で人間たちを支配しながら暮らすようになる。そして、人間たちは、そのような事実を全く知らずに、ただ偽りの世界で生きていくことになる。

今のような時代にも当てはまる話ではないかと思う。GPUの発達により、数年前からビッグデータを活用した機械学習が可能になり、我々は現在AIの時代を生きている。 アマゾンでの宅配倉庫はロボットが箱を分類し、米国のあるレストランではロボットがサービングをし、自動車は現在、自動運転が3段階まで進んでおり、ユーチューブは私たちが見たい映像だけを勧めている。 AIはすでにものすごい発展を遂げており、今後数年後には本当に不可能なことが実現されるだろう。アルファ碁がイ·セドルに勝ってから4年が経ち、その間に数多くの技術が開発された。 人々が就職する時、もはや機械と競争する世の中になってしまったのだ。 そして、このような現象は今後さらに深刻化するかもしれない。

このように変化する社会に残された人間たちは何を選択しなければならないだろうか。私はどうすればいいか悩んでみた。結論は大したことない。機械を扱う人になったり、機械より優れた人間になったり。それで、これから生きていく上で結局必要になるプログラミングを勉強している。さらに、機械学習分野にも関心がある。本人だけの競争力を高めるために、これからはこのような力量が必要な時期ではないかと思う。もちろん、機械が発電したからといって、人間の役割が急激に減ることはないだろう。結局、人間はいつものように環境に適応しながら生きていくから。しかし、このような機械たちに結局は食われないためには、人間たちもそれに見合った努力をしなければならない時期が来るかもしれないという気がする。私たちが作った機械だが、それが私たちを飲み込むこともできると思うとちょっと鳥肌が立つ。 それが現実としてやってくる可能性があるという事実自体が、不便な真実だ。

『マトリックス』感想-01

出典:NAVER映画

やや中国武術にインスピレーションを受けたようだ。これもハリウッドの多大な影響を与えた李小龍のおかげなのか。オリエンタリズムか。時にはハリウッド映画を見ると、アクションシーンに東洋武術が多く登場するのを目にすることができるが、実は日本や中国武術だけが多く登場し、韓国武術はあまり登場しないようで残念な思いをすることもある。早く韓国の伝統を生かしたコンテンツも、ハリウッド映画で見る日が近づいてほしい。

マトリックスといえば哲学もあるが、結局はアクションではないかと思う。 誰もが思い浮かべる「マトリックス弾」を避ける場面。小学生時代、学校に行くとみんながこの動作を真似した。 もちろん私も同じだ。 ところで、その当時、誰が『マトリックス』がこんな内容の映画だったと思っただろうか。 考えてみると笑いだけが出る。 結局ネオは選ばれた「彼」になって銃弾も避け、銃弾も止め、スミス勇員に勝つことになる。 ここで聞いた疑問は、ネオが本当に選ばれた「彼」が正しいのか、ということだ。 ただの人々の信頼が作り出した人物ではないかという気もする。 もちろんネオ本人も自分が選ばれた「彼」だと思っていたからそうなったのではないだろうか。

実は今日の映画レビューは私が何を言っているのか分からない。 哲学ってそういうものだから。 考え続け、価値観を立てる過程。 人生の中であまりにも必要な哲学だが、多くの人がこれを逃しているようだ。 もちろん私を含めてだ。 おそらく、現在の人生を生きていくことがとても忙しいからそんな来世的なことを考える余裕がないからではないだろうか? 結局、私たちも『マトリックス』に出てくる人たちのように真実を知らないまま、ただ忙しくなっている生活の中で生きているのではないだろうか。

『マトリックス』口コミ

『マトリックス』口コミ

出典:NAVER映画

評価

NAVER映画: 9.40

IMDb: 8.7

好評判

  • 完璧に近い本当に素晴らしい映画。
  • 仮想現実が背景の映画にどうしてこんなに現実をよく反映しているんだろう。映画が面白くない方は どうかまた見てください。
  • 何が必要か 1999年か2000年にこの映画館で見た人は衝撃と恐怖だった 演出+ストーリー+メッセージ+アクション+演技+背景など、何か一つ抜けていることはあるか? この映画が公開された当時は地球規模の衝撃と恐怖だった

悪評判

悪評判なんか見ないです。マトリックスを悪い評価をするレビューは説得力ないクソレビューorいたずらです。勝手でもしかたないです。

【2020年9月】『マトリックス』フル動画、無料で見れる方法

『マトリックス』フル動画、無料で見れる方法

出典:NAVER映画

『マトリックス』フル動画はU-NEXTから見放題で見れます。31日間無料トライアルするだけで見放題はもちろん600ポイントもらえるので、レンタル作品も無料でご視聴できます。ぜひお試しください。

映画にはU-NEXT

  • 見放題作品数No.1!(2020年9⽉時点)
  • 洋画・邦画の見放題9,000作品以上を含む。
  • 190,000本以上の映像が⾒放題。
  • 80誌以上が読み放題。
  • スマホやタブレットで⼿軽に読めます。
  • 1,200ポイントを毎月もらえる。翌⽉に持ち越す※
  • 無料トライアル期間中の解約でも大丈夫です!

※最大90日まで持ち越し可能。
※子アカウントでもご利用いただけます。

韓国ドラマはU-NEXTが一番です!

今すぐ31日無料トライアル

※お試し期間(31日間)のあいだに解約すれば、料金は一切かかりません!

 

  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の世界で一番映画を見る映画民族韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。仕事上がりでも、「アニメ1クール(11~13話)」「韓ドラ4~6話」「映画2~3作」程度は一日中で見るのが同然。

-感想

© 2020 動画オタク