感想

韓国映画『極秘捜査』感想。あらすじ、フル動画を無料で見れる方法

韓国映画『極秘捜査』感想

『極秘捜査』あらすじ

小学生の少女が下校途中に何者かによって連れ去られた。コン刑事は秘密裏に捜査を進めるが、事件発生から数日経っても犯人からの接触はまったくなかった。少女の両親は、わらにもすがる思いで何人かの占い師たちに少女の手がかりを聞いて回り、占い師たちは一様に少女の死を口にする。しかし、キムという導師だけが少女の生存を断言し、「15日後に犯人から連絡が入り、コン刑事が少女を助け出す」との予言をする。そして少女が姿を消してから15日後、犯人からの身代金を要求する電話がかかってくる。<映画.comより>

『極秘捜査』感想

『極秘捜査』感想

ポイント

『極秘捜査』 (2015)

原題:극비수사

監督:クァク・キョンテク

キャスト:キム・ユンソク, ソン・ヨンチャン, チャン・ヨンナム, チョン・ホビン

時は1978年、釜山で誘拐事件が発生します。子どもの親の特別要請で担当になったコン・ギルヨン刑事は、子どもを保護するために極秘捜査を進めることにします。子供の母親と叔母は有名な占い屋を巡って子供の生死を確認していたところ、道士のキム・ジュンサンに出会います。子供の占いみた金道士は子供が生きていることはもちろん、犯人の連絡日付と時間などを正確に予言します。いずれも子どもの生死よりも犯人検挙に血眼になっている状況の中、コン刑事と金道士の2人だけが子どもを救うための捜査を続けていきます。

『極秘捜査』感想-01

ひたすら子供の命のために一人で孤軍奮闘する一匹狼のコン刑事と、机に座って解説した占い師だけで事件の手がかりを掴んでいく金道士。この二人の『極秘捜査』は、1978年に釜山で実際に起きた事件を基にした映画です。コン・ギルヨン、キム・ジュンサンなど劇中に登場する名前は実際の人物のものをそのまま借用したもので、映画のエンディングクレジットでは2人の主人公の近況を知らせる短い字幕を確認することができます。劇的素材としても十分魅力的ですが、実話だなんて、最初から没入度がすごいです。

映画は緊張の紐を様々な方法で解いて締め付け、一定水準以上の集中度を維持しています。 拉致された子どもの生死、犯人との駆け引きの捜査網、内心と真実を把握することができない金ドサのおみくじ、それぞれ利益を得ようと忙しい警察官、その群れの中で孤軍奮闘するコン刑事まで…。 夢中で流れながらも、疑いの目は決して取れない絵に108分というランニングタイムは、やや短く感じられます。

『極秘捜査』感想-02

『極秘捜査』は、最近同種の映画が追求してきた方向性に刺激的な部分を果敢に制限した映画です。人目を奪うアクションシーン、胸がすっきりする痛快な結末、家族愛の回復、犯人との一騎打ちなど、映画的な無駄が驚くほどないです。ただ二人の男の信念と所信が衝突し、もまれながら進んでいく前進だけがあります。言い換えれば、映画的「決定的な一発」に対する期待が予想より大きいため、失望の余地もいくらでもあるということです。

しかし、キム・ユンソクとユ・ヘジンという二人の俳優の存在感は刺激が足りない映画をぎっしり埋めています。驚いたことに、多くの出演作の中で釜山方言で演技する作品は初めてだという釜山出身のキム・ユンソクはイントネーションはもちろん、それを土台にしたセリフでコン・ギルヨンというキャラクターをスクリーンに見事に伝えます。ただ、コン刑事と金道士を除いた助演の場合、キャスティングのための配役という印象がありますが。

タイトルから明らかに捜査物を目指してはいますが、『極秘捜査』は「事件」よりは「人」に焦点をあてた映画です。しがみつく価値もないように見える一筋の希望にも前に進む力を得て、自分のすべてを投げ出して飛びつく数少ない人々の話です。力が強すぎると思えば一度ずつ出すユーモアで呼吸調節にも成功しており、期待よりずっと満足です。

『極秘捜査』感想-03

映画は人間味が生きている。 特に、キム・ユンソクの「コン・ギルヨン刑事」キャラクターは、ちょうど彼に適役なキャスティングです。刑事だけど、これよりもっとお父さんみたいで、もっとおじさんみたいで、この上なく卑劣に見える刑事がどこにいるかと思うんです。 彼と彼のキャラクターを通して映画には「人間味」というより味が入っです。

ユ・ヘジンの金道士キャラクターは、まるで神技が落ちたとしか言いようがありません。コン・ギルヨンと消えた子供の占いを通じて、まるで先を見通すように、誘拐事件の結末と犯人推理まで一緒にやっていく妙な人物で、それまでのコミック演技を抜き出して淡白に真摯な演技で一貫した、ユ・ヘジンも悪くなかったと思う。むしろ、キム・ユンソクのキャラクターととてもよく似合っています。

『極秘捜査』感想-04

これまで『あいつの声』など誘拐事件関連の映画は多かったが、『極秘捜査』は少し違った方向で楽しさと感動を引き出す。その中心には人がいる。 クァク・キョンテク監督の映画はほとんどそうだったが、今回は実話に基づいた誘拐事件があったにもかかわらず、ぞっとして恐ろしくなく、一緒に事件を解いていくような感じがして、叔父や父親の心で一緒にこの事件に飛び込んだ感じだった。事件推理の楽しみより、まるで一人の父の心として子供を助けたい気持ちがずっと大きくなりました。

それもあまり感情的にも大きくせず、演出も滑らかにうまく楽しめました。そんなに大作映画でもないのに、適切な面白さとキャラクター性、そして実際にあった事件の結果と裏話など、いろいろなことをいっぺんに負担なくしっかり接することができるそんな娯楽映画です。 おすすめです。

『極秘捜査』フル動画、無料で見れる方法

『極秘捜査』フル動画、無料で見れる方法

『極秘捜査』フル動画はU-NEXTから見放題で見れます。31日間無料トライアルするだけで見放題はもちろん600ポイントもらえるので、レンタル作品も無料でご視聴できます。ぜひお試しください。

配信サービスはU-NEXTが一番です!

今すぐ31日無料トライアル

※お試し期間(31日間)のあいだに解約すれば、料金は一切かかりません!

  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の世界で一番映画を見る映画民族韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。仕事上がりでも、「アニメ1クール(11~13話)」「韓ドラ4~6話」「映画2~3作」程度は一日中で見るのが同然。

-感想

© 2020 動画オタク