映画記事

【2020年版】サスペンス・ミステリー韓国映画のおすすめ12選!

korea-suspense-16-9

最近韓国映画に多いジャンルのひとつであるサスペンスジャンルについて紹介しようと思います。 最も多いジャンルのクライムも他のポストで紹介したいと思います。

ポイント

おすすめする映画はU-NEXTから観れます!

配信サービスはU-NEXTが一番です!

今すぐ31日無料トライアル

※お試し期間(31日間)のあいだに解約すれば、料金は一切かかりません!

サスペンス・ミステリー韓国映画のおすすめ12選!

12選を厳選して並び順はNAVER映画の評価です。

映画の情報は映画.comから引用します。

悪魔を見た

悪魔を見た

あらすじ

残忍な連続殺人犯ギョンチョル(ミンシク)に婚約者を惨殺された国家情報院捜査官スヒョン(ビョンホン)。復しゅうの鬼と化したスヒョンは、犯人に婚約者と同じ苦しみを与えるべく、執ようなまでに追いつめていく。

監督:キム・ジウン

キャスト:イ・ビョンホン、チェ・ミンシク、オ・サナ、チョン・グックァン

Naver映画: 7.96

動画オタク
エンディングが憂鬱なのがもっと魅力ある映画。 悪魔を殺すためには自分も悪魔にならなければならず、そのうち多くの犠牲を払うことになる。 善が勝つか悪が勝つかではない人を殺す犠牲には苦痛が伴うということ。

ありふれた悪事

ありふれた悪事

 

『ありふれた悪事』あらすじ

荒っぽいところはあるが正義感が強く、家族思いの平凡な刑事カン・ソンジンは、大統領直属の情報機関・国家安全企画部の室長ギュナムから呼び出しを受ける。ある事件で逮捕した男が連続殺人事件の犯人であることを告げられ、裏付け捜査への協力を命じられたソンジンは、捜査を進めていく中で、男が連続殺人事件の犯人でないことを気づいてしまう。連続殺人犯の逮捕は国民の目を欺くため、ギュナムが仕かけた完全な捏造だった。多額の報酬、足の不自由な息子の治療援助と引き換えに、ソンジンに捏造捜査の続行を命じるギュナム。その一方で、ソンジンの大親友である記者のジェシンは捜査に疑いの目を向け、国家安全企画部の陰謀を暴いていくが……。

監督:キム・ボンハン

キャスト:ソン・ヒョンジュ、チャン・ヒョク、キム・サンホ、ラ・ミラン

Naver映画: 7.98

動画オタク
典型的な韓国左派映画の後半に進むほど崩れる展開が崩れる蓋然性新派… 俳優たちの演技がもったいなくてちょっと作品でもよく作るとか…北朝鮮や民主党政権は破れないが、30年前の軍事政権は勇気のある韓国映画界

母なる証明

母なる証明

『母なる証明』あらすじ

国民的人気女優のキム・ヘジャ、5年ぶりの映画出演となるウォンビンが親子を熱演する。貧しいながらも幸せに暮らしていた親子であったが、ある日1人息子が警察に拘束されてしまう。殺人事件の容疑者にされてしまった息子の無実を信じ、孤立無援の母は悲しむ間もなく、たった1人で真相に迫ろうとするのだが……。

監督:ポン・ジュノ

キャスト:キム・ヘジャ、ウォンビン、チン・グ、ユン・ジェムン

Naver映画: 8.15

動画オタク
生まれて今まで見た映画の中で,いや映画だけでなく,すべてのストーリーテーリングを扱うメディアをひっくるめて,ラストシーンが史上最強だった作品だった 演出の勝利、キムヘジャの勝利。 ボンジュンホはやっぱりすごかった。

テロ、ライブ

テロ、ライブ

『テロ、ライブ』あらすじ

不祥事を起こし、テレビ局からラジオ局へ左遷された人気アナウンサーのユン・ヨンファは、ラジオ番組の生放送中、正体不明のリスナーからソウル市内の漢江にかかる麻浦大橋を爆破するという脅迫電話を受ける。いたずらだと思い電話を切ると、予告通りに麻浦大橋で爆発事件が発生。相手が本物のテロリストだと確信し、このスクープがテレビ局復帰へのチャンスになるとにらんだヨンファは、犯人との通話の独占生中継を始めるが……。

監督:キム・ビョンウ

キャスト:ハ・ジョンウ、イ・ギョンヨン、チョン・ヘジン、イ・デビッド

Naver映画: 8.28

動画オタク
新人監督の作品とは思えない。ほぼ視点がハジョンウの視点で進められ、密閉した空間で見守る視線は観客の感情没入を極大化させ、まるで私がその空間にいるように感じさせます。 本当にすごい秀作です。

特別捜査 ある死刑囚の慟哭

特別捜査-ある死刑囚の慟哭

『特別捜査 ある死刑囚の慟哭』あらすじ

暴力事件で警察をクビになった元警官のピルジェは、犯罪者たちに弁護士を紹介する法曹ブローカーとして名を上げていた。そんなピルジェのもとに、仁川を牛耳る財閥企業の夫人を殺害したとして逮捕され、死刑を宣告されたスンテから、無実を訴える手紙が届く。その事件を担当するヤン刑事は、ピルジェをだまして警察をクビにした張本人だった。ピルジェはヤンへの復讐心から事件の真相を探るが、その背後には仁川に渦巻く闇が潜んでいた。

監督:クォン・ジョングァン

キャスト:キム・ミョンミン、ソン・ドンイル、キム・サンホ

Naver映画: 8.31

動画オタク
途中、笑いのポイントがたくさん存在して退屈ではなく、感動まであって120分間、特に退屈だと思わなかったこと、専門的な用語や状況が出てくる。 しかし、少し非倫理的な場合もあったが、映画自体で見るには良いです。

女は冷たい嘘をつく

女は冷たい嘘をつく

『女は冷たい嘘をつく』あらすじ

1歳の娘ダウンの親権をめぐって元夫と調停中のジソンは、住込みの中国人ベビーシッターの女性ハンメに娘の世話を任せ、自らは仕事に追われる日々を送っていた。そんなある日、ハンメとダウンがこつ然と姿を消してしまう。警察や家族に相談しても信じてもらえず、養育権訴訟中に起こした自作自演ではないかと疑われてしまう。ジソンはたった1人でダウンの行方を追うが、やがてハンメの名前も年齢も全てが嘘だったことが判明し……。

監督:イ・オニ

キャスト:オム・ジウォン、コン・ヒョジン、キム・ヒウォン、パク・ヘジュン

Naver映画: 8.39

動画オタク
まず、二人の女優の演技は最高です。 没入度も非常に高いです。 一つ残念な点は誘拐という素材が映画でよく活用されてそうかどこかで見た場面が多かったという感じ。 新鮮さが少し残念です。

パラサイト 半地下の家族

パラサイト-半地下の家族

『パラサイト 半地下の家族』あらすじ

キム一家は家族全員が失業中で、その日暮らしの貧しい生活を送っていた。そんなある日、長男ギウがIT企業のCEOであるパク氏の豪邸へ家庭教師の面接を受けに行くことに。そして妹ギジョンも、兄に続いて豪邸に足を踏み入れる。正反対の2つの家族の出会いは、想像を超える悲喜劇へと猛スピードで加速していく……。

監督:ポン・ジュノ

キャスト:ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム

Naver映画: 8.49

動画オタク
映画の序盤は面白い展開に笑うようになります。 後半までは事件が展開されながら緊張感が溢れます。 現代社会に対する見えない富の階級と差別について、もう一度考えてみる映画です。 ストーリー、演出、メッセージもすばらしい作品です。

悪魔は誰だ

悪魔は誰だ

『悪魔は誰だ』あらすじ

15年前、娘を何者かに誘拐され殺されてしまった母親ハギョンは、犯人逮捕を願って自ら情報を集め続けていた。そんな彼女のもとを担当刑事チョンホが訪ね、事件が間もなく公訴時効を迎えることを告げる。時効まで残り5日に迫るなか、事件現場に一輪の花が置かれているのを見つけたチョンホは、これを手がかりに捜査を再開。犯人を確保寸前にまで追いつめたものの取り逃がし、事件は時効を迎えてしまう。それから数日後、15年前と全く同じ手口の事件が発生し……。

監督:チョン・グンソプ

キャスト:オム・ジョンファ、キム・サンギョン、ソン・ヨンチャン、チョ・ヒボン

Naver映画: 8.54

動画オタク
緊張感で心臓に悪い映画。話の展開が迫力にあふれて、中盤過ぎまでぴんぴんとした紐を放さなかった。 そして、最後の結末が他の未解決事件の映画とは違った。 どう違うかは直接見なければならない分です。

最後まで行く

最後まで行く

『最後まで行く』あらすじ

殺人課の刑事ゴンスは母の葬式の日に急な連絡を受け、慌てて警察署へと向かう。その途中、不注意から通行人の男をはねてしまった彼は、男の遺体を隠すため母の棺桶に入れて一緒に埋葬する。ところが、事故の一部始終を目撃したという謎の男チャンミンから脅迫を受けるようになり、次第に追い詰められていく。

監督:キム・ソンフン

キャスト:イ・ソンギュン、チョ・ジヌン、シン・ジョングン、チョン・マンシク

Naver映画: 9.01

動画オタク
「悪者」と「もっと悪者」の興味深い戦い。緊張を解けないようにつながる事故が退屈な暇を与えない映画。見る人をそわそわさせます。

オールド・ボーイ

オールド・ボーイ

『オールド・ボーイ』あらすじ

理由も分からないまま15年間も監禁されていた男オ・デス。突然解放された彼の前に謎の男ウジンが出現、5日間で彼が監禁された理由を解き明かせと迫る。

監督:パク・チャヌク

キャスト:チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン

Naver映画: 9.04

動画オタク
個人的に韓国映画の中で一番よく作る映画だと思う作品。 最初はなぜだろうと思っていて、だんだん解けていくミステリーによく練られたストーリーは本当に感嘆に値する映画

チェイサー

チェイサー

『チェイサー』あらすじ

元刑事ジュンホが経営する風俗店から、女たちが相次いで失踪を遂げる。やがて店の客だった青年ヨンミンが容疑者として逮捕されるが、証拠不十分で釈放されてしまい……。

監督:ナ・ホンジン

キャスト:キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、ソ・ヨンヒ

Naver映画: 9.09

動画オタク
追っかけの追撃戦に連続 このように緊張感溢れる映画は見当たらないほどよくできた映画です。

殺人の追憶

殺人の追憶

『殺人の追憶』あらすじ

韓国で実際に起きた未解決殺人事件をリアルな演出で映画化。86年、ソウル近郊の農村で、同じ手口による若い女性の惨殺事件が連続して発生。地元の刑事パク・トゥマンとソウル市警から派遣された刑事ソ・テユンは対立しながらも捜査を続け、有力な容疑者を捕らえるのだが。

監督:ポン・ジュノ

キャスト:ソン・ガンホ、キム・サンギョン、パク・ヘイル、キム・レハ

Naver映画: 9.40

動画オタク
『母なる証明』と共にボンジュノ監督の最高の名作の一つ、本気で韓国映画史上、このような映画は二度と出られないほど名作の中の名作だ。たった1秒のシーンでも、ただ一つの台詞、人物、小品まで、絶対無駄遣いのない完璧な映画です。

配信サービスはU-NEXTが一番です!

今すぐ31日無料トライアル

※お試し期間(31日間)のあいだに解約すれば、料金は一切かかりません!

  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の世界で一番映画を見る映画民族韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。仕事上がりでも、「アニメ1クール(11~13話)」「韓ドラ4~6話」「映画2~3作」程度は一日中で見るのが同然。

-映画記事
-,

© 2020 動画オタク