感想

洋画『マイ・スパイ』感想。あらすじ、フル動画を無料で見れる方法

マイ・スパイ サムネイル

『マイ・スパイ』あらすじ

豪腕スパイと天才少女の異色コンビの活躍を描いたスパイアクション。CIAエージェントのJJは、あるミッションで派手に暴れすぎ、地味な監視の任務にまわされる。ターゲットはテロリストであるマルケスの義姉ケイトとその娘ソフィ。しかし頭の回転が早いソフィに監視カメラを見つけられ、内緒にする代わりにスパイのレッスンや学校イベントへの参加をお願いされてしまう。そんな中、テロリストの一味がソフィを連れ去り……。<映画.comより>

『マイ・スパイ』感想

『マイ・スパイ』感想

ポイント

『マイ・スパイ』 (2020)

原題:My Spy

監督:ピーター・シーガル

キャスト:デイヴ・バウティスタ、クロエ・コールマン、クリステン・シャール、パリサ・フィッツ=ヘンリー、グレッグ・ブリック、

『ゲットスマート』のピーター・シーガル監督、マーブルユニバースのドラックスとして活躍したデイヴ・バウティスタとアメリカのドラマ『ビッグ・リトル・ライズ』でハリウッドの注目される合流したクロエ・コールマンが主演を務めました。ほかにもケン・チョン、クリステン・シャールなどコメディー映画に見慣れた顔がたまに登場します。

図体はプロ、センスはゼロのスパイ「JJ」。成功しなければならない任務で苦杯をなめた彼は、くだらない隣家の監視プロジェクトに投入されます。口うるさくうるさい内勤スパイのボビーとともに、気乗りしない任務が始まり、弱り目に崇り目で監視対象だったチビソフィに正体が発覚します。すべてが終わりかけた絶体絶命の瞬間、9歳のソフィーはJJに密かな手を差し伸べます。

『ゲットスマート』で辛酸をなめた監督が、全世界を危機に追い込む核兵器を素材にした一方では『ミッションインポッシブル』シリーズが、もう一方では『マイ・スパイ』が誕生します。 『ダイハード』シリーズだけを見ても、引退したニューヨーク警察1人がテロ組職を壊滅するが、天下のCIAが組職単位でかかっても、片手で数えることができる消耗に耐えられない。

『マイ・スパイ』感想-02

その限界を早くから自覚した映画は少しでも真剣になった計り知れない設定穴を引き起こす諜報には、大きな関心を持ちません。 主人公のJJは、映画の中の諜報要員なら持つべき「完璧さ」とはかなり異なります。 利口なソフィの手の中で猛々しくもてあそばれる姿を見ていると、地球で生まれたドラックスというものがほかにありません。

このように映画は、ランニングタイムの大半を諜報要員と隣の子供の小さなエピソードで構成しています。 スケートもろくに滑ることができずリンクで尻餅をつくが、いじめられる少女の前では誰も期待しなかった暖かさを見せてくれます。 タイトルに「スパイ」が入った映画としては情報どころか、アクションの含量も期待してはいけない水準ですね。

意外と教訓を狙う映画でもありません。 普通、相劇のように見えるキャラクターを付ける映画は一種の成長を扱います。 お互いに気づかなかった自分の姿を発見し、前とは全く違う人に生まれ変わるという感じです。世の中への心の扉を閉ざしていた人が人をもう少しよく信じるようになったり、人前に堂々と出られなかった人が自信に満ちてくる場合がよくあります。

しかし、『マイ・スパイ』の二人の主人公ははじめから各自の肯定的な個性に優れています。 片方がもう片方を変化させるというよりは、お互いに会わなかったら出くわした状況ですでに持っている強みを発揮する方に近いです。そのため、キャラクターの深さや極の緊張感を確保することは難しいですが、特に失うもののない安定感を獲得します。

ポスターや予告編、ジャンルで感じられる感じそのままです。 することはして、しないことはしません。 つまらないですが、ささやかですね」 選択と集中があまりにも明確なのに、選択して集中するというポイントが、映画よりはテレビ家族コメディにふさわしいのが欠点です。

『マイ・スパイ』感想-01

マーブル映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のドラックス役。

「デイヴ・バウティスタ」主演の娯楽です。彼の単独主演作にこのように劇場で会うのは、ちょっと珍しいことではなかったかと思いますが、この作品でどうやってこれから単独主演での興行可能性があるのかも確認できたチャンスでしたね。

<家族娯楽>映画という点でポスターやあらすじだけ見てもちょうどこの映画のポジションと進行方向が予想されますが、それでも映画を見る間ずっと心温まる笑みを浮かべていたそんな映画でした。

『マイ・スパイ』スタッフ・キャストの感想

『マイ・スパイ』スタッフ・キャストの感想

監督の「ピーター・シーガル」の作品を見てみると、 映画『50回目のファースト・キス』が最も目立ち、その他にも『ゲットスマート』『ロンゲスト・ヤード』『N.Y.式ハッピー・セラピー』などコメディと暖かい娯楽をある程度良くする監督です。

今回の『マイ・スパイ』も、そんな面で、お父さんのいない小さなスパイ「ソフィ」と、体だけ大きなセンス不足のスパイ「JJ」の出会いとコミュニケーションを図っていく過程を、やはり笑いがてきました。第二のドウェインジョンソンを思い出す.『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のドラックス、『デイヴ・バウティスタ』の変身。

マーブル映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の笑いアクションを引き受けたドラックス役のこの俳優は、ザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)と同じくプロレスラー出身の映画俳優でもあり、少しは似たような歩みの感じを伝えたりします。

ドウェイン・ジョンソンも、はじめの頃は『スコーピオン・キング』などのアクションイメージが強かったのですが、その後『ゲームプラン』や『妖精ファイター』などの娯楽物に出演し、柔らかくなってさまざまな役を演じるようになり、今では興行作の主演としてよく活動しています。今回の『マイ・スパイ』でも、この俳優をどう活用するかによって、これから単純なB級アクション映画の主人公ではなく、コミックとアクション、多様な主演を演じることができるか、今回の映画で少しは確認することができました。

JJもとりこにした子役俳優クロエ・コールマンのしっかりした演技。最後に、あまりにもしっかり演技した「タッスン」と同じ子役俳優「クロエ・コールマン」の演技も一役買っています。

映画だから可能だが、スパイも顔負けの話しぶりと行動でJJを当惑させるほどだったのだから、この子役俳優の魅力も相当だった。できましたね。

JJのパートナー役として活躍したボビー役の「クリステン・シャール」もですね。 映画『マイ・スパイ』は、家族娯楽物の8割にスパイ物の設定を2割ほど上乗せした予想可能な娯楽映画でしたが、それでも見ている間、心温まる笑みを隠せなかった映画でした。 似合わないと思った「JJ」と「ソフィ」の組み合わせも思ったより最後までよく似合ってました。

久しぶりに気楽に笑いたければ、少し慣れていても気分のいいこの映画『マイ・スパイ』をご覧になっても良いでしょう。

『マイ・スパイ』フル動画、無料で見れる方法

『マイ・スパイ』フル動画、無料で見れる方法

『マイ・スパイ』フル動画はU-NEXTから550円で見れます。31日間無料トライアルするだけで見放題はもちろん600ポイントもらえるので、レンタル作品も無料でご視聴できます。ぜひお試しください。

配信サービスはU-NEXTが一番です!

今すぐ31日無料トライアル

※お試し期間(31日間)のあいだに解約すれば、料金は一切かかりません!

 

  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の世界で一番映画を見る映画民族韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。仕事上がりでも、「アニメ1クール(11~13話)」「韓ドラ4~6話」「映画2~3作」程度は一日中で見るのが同然。

-感想

© 2020 動画オタク