感想

洋画『インセプション』感想。あらすじ、フル動画を無料で見れる方法

インセプション

劇場公開10周年記念!犯罪現場は、お前の頭の中。 クリストファー・ノーラン監督最新作『TENET テネット』の公開に先駆け、『インセプション』が IMAX®&日本初となる4Dで公開決定! さらにIMAX®版の本編前には、約6分間の『TENET テネット』プロローグ映像が上映予定! ■『インセプション』2020年8月14日(金)全国のIMAX®/4Dにて緊急公開決定!<下のYouTube動画の説明欄>

動画オタク
これって再上映ですよね?韓国でも再上映していますが、その分衝撃な映画はないと思うぐらいすごい映画でした。現在(2020年8月8日)コロナで行かないがちょっと残念です。

『インセプション』あらすじ

人が眠っている間にその潜在意識に侵入し、他人のアイデアを盗みだすという犯罪分野のスペシャリストのコブは、その才能ゆえに最愛の者を失い、国際指名手配犯となってしまう。そんな彼に、人生を取り戻す唯一のチャンス「インセプション」という最高難度のミッションが与えられる。<映画.comより>

『インセプション』感想

『インセプション』感想

ポイント

『インセプション』 (2010)

原題:Inception

監督:クリストファー・ノーラン

キャスト:レオナルド・ディカプリオ, 渡辺謙, ジョセフ・ゴードン=レヴィット, マリオン・コティヤール

夢の中の夢という状況設定そのものや映画が新しく紹介して導入した一連の概念のせいで、理解しやすい決してないということは皆様ご存知でしょう。

一度だけ見て理解するのが本当に難しい映画です。それで映画をある程度理解できれば、本当に新映画だと思います。

映画を初めて見た時は、観客たちの挑戦精神を害さない程度の疑問符だったので、みんなの探検精神は休まず燃え上がりました。私もその隊列に嬉しく合流しました。

上映当時『インセプション』はセンセーションそのものでした。夢と記憶という無形の、無意識の存在をスクリーンに成功裏に視覚化したクリストファー・ノーランの名前を皆が記憶するようになった決定的な契機でした」 丸ごと畳まれる都市や安っぽいスローモーション、360度回転する廊下、無重力シーケンスなどがお届けする視覚的衝撃は、実に物凄いものでした。 人気や興行成績と関係なく『インセプション』ほど大きな波及力を持った作品はありませんでした。

『インセプション』感想-00

『インセプション』はどんな映画か?クリストファー・ノーラン監督の2010年の演出作で、「夢」を舞台にした想像力が輝く作品です。 レオナルド・ディカプリオ、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、渡辺謙、トム・ハーディ、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジ、キリアン・マーフィなどの華麗なキャスティングを誇る映画。

「夢」の空間を舞台にするクリストファー・ノーラン監督の興味深い想像。夢の中で考えを盗む人たち、今度は夢の中で考えを植え付けなければならないのに。

「クリストファー・ノーラン」のひらめく想像力、個人的に「クリストファー・ノーラン」監督の大ファンになったきっかけは、彼の2000年作『メメント』のおかげでした。最初は色々と混乱しましたが、一定地点を通った瞬間、頭の中でパズルが合わされる感じだったし、そこから始まる快感がとても魅力的だったので、彼の名前をはっきりと記憶するようになったんです」 そして、その後作った作品もまた良かったのですが、特に彼に完全にはまったのは、あの有名な「バットマン」トリロジー、その中でも『ダークナイト』が決定的な役割をしました。『インセプション』は『ダークナイト』の次の演出作で、「夢」が主な舞台となる作品には監督のひらめく想像力がそのまま溶け込んでいます。

『インセプション』の話をする時、結末の話を欠かせません。 映画が終わったその瞬間、ため息をつかなかった人がいるのでしょうか。 「ハッピーエンドかサッドエンディングかということから出発して、コーブのトーテムまで、すべてのフレームの隅々を探し回りながら映画を少しでも理解するために皆頭が痛いです。

『インセプション』感想-01

個人的には、ユーサーフの薬屋のシーンからが夢だという仮説(実際、そのシーン以降、多分に意図的にコブはトーテムを使いません)と、すべてが実はコブを帰宅させようとする職人とアリアドネの計画だったという仮説を興味深く読みました。 そんな中、エンディングクレジットでコマが倒れる音がするとか、通常再生されるOSTが観客を夢から覚ますキックだとか、登場人物の名前の頭文字をつけると「DREAMS(Dom, Robert, Eames, ArthurArriadne, Mal, Saito)」になるとか、今振り返ってみると、多少風の入った解釈や分析もあります。

『インセプション』感想-02

夢のように近くて不慣れな素材に驚いたほど、近くて不慣れに演出できる人が他にいるのでしょうか、時間の圧縮や自然に切り取られる導入部など、夢の見慣れた特徴を各キャラクターの過去史など、劇的に創造された概念とそれほど興味深く描き出したというのが、ただ驚異的です。

「夢」を通じて考えを盗むこともできるし、打ち込むこともできるという興味深い想像人なら誰でも「夢」を見るものです。 しかし、ほとんどの場合、目が覚めた瞬間、夢はすぐに記憶から消され、破片が一部に残ってしまいます。 なるほど、こんな夢を見るようになるのはなぜ、夢の内容はどこから来ているのでしょうか? 『インセプション』はこのように神秘的な夢を舞台にします。 しかし、だからといって夢に対して科学的な視線で深く掘り下げるわけではありません。 無意識の境界と現実と異なる矛盾まで含む未知の空間を舞台に、「考えを盗み入れることもできる」完全に映画的な想像力を溶け込ませているのです。 「設計者」が夢の空間を作り出せば、ターゲットとなった対象と共に夢を共有し、その中での「作戦」を通じて保管されている考えを盗み出すことができるという発想、なんて興味深いことでしょう。

『インセプション』感想-03

「夢の空間」で繰り広げられる状況、驚くべき視覚効果で具現される『インセプション』

無意識の根源まで入り、「考え」の種を植える、というところで『インセプション』の主な物語は、考えを盗むのではなく、考えを「組み入れること」です。詰め込み式の教育で無理やり入れたり洗脳させたり、強制的に脅迫すれば、ある考えを強制することはできるが、それは他人の考えであって、自分の考えではありません。これは『インセプション』とは全然似合わないものです。ひとつの考えを自らやり遂げさせるためには、人間の内面に潜むアイデンティティー、古い記憶などといった無意識の根源まで踏み込まなければなりません。そこに一つの種を植えると、内面から育つようになる種が、結局意図した「考え」の実を結ぶというのが説明です。このように文章で叙述すると面白くない内容ですが、『インセプション』が表現して画面を通して見せるこの特別な想像力は感嘆を禁じえません。

『インセプション』感想-04

三段階で築造された「夢」の舞台、そしてその下の「リンボ」『インセプション』はこの難しいことを成し遂げるために現実から始まり、一つの夢の中に入り、夢の中の夢、その夢の中の夢まで三段階で築造された夢の舞台を準備しています。 このように、さまざまなレベルの夢の中に入るためには、強力な効能薬物が必要であり、それにより、普通の場合のように夢で死ぬといっても、目が覚めません。しかし、もし夢の中で死ぬようになれば、薬効がなくなるまで夢の一番下の「リンボ」という空間に閉じ込められてしまいますが、夢の段階が深くなるほど体感時間が幾何級数的に長くなるため、リンボにはまると現実の数時間は数十年になってしまいます。

同時に繰り広げられる様々な状況、そしてこれを具現化している驚くべき視覚効果、このように多様な空間を背景に展開される『インセプション』ですので、話の流れを逃すと混乱するかもしれませんが、むしろそのおかげで没入感の強い映画で楽しむことができます。 特に、基盤となる最初の夢の中の状況が他のすべての空間に影響を及ぼす変数として作用しているが、このような相互連結がしっかり描かれながら、同時に繰り広げられる夢、夢、夢の中の夢、リンボの中のストーリーがより魅力的に感じられます。そして、現実ではなく「夢」だからこそ見られる特別な見どころが驚くべき視覚効果として具現化されながらも映し出されている作品は、まさに目を楽しませてくれるものでもありました。

『インセプション』感想-05

「ハンス・ジマー」の美しい音楽と調和する『インセプション』この作品を劇場でまた見られてよかったです。

彼の幸せを願うようになる...このように夢というのは非現実的な空間を背景に映画だからこそ見せられる「想像力」が非常に引き立つ作品ですが「コブ」(レオナルド・ディカプリオ)と「モル」(マリオン・コティヤール)の切ない話は多分に現実的な感性で感じられます。 夢の空間に長い間はまってしまい、現実と夢の境界が曖昧になり、それによって現実に戻るために下した選択がもたらした悲劇。 その大きな罪悪感を抱いて長年一人で耐えてきた彼なのでいまだに意見が対立している「そのエンディング」を是非良い方に考えたいです。 そうではなかったら、彼がとても残念だから… とにかく、いつの間にか10年が経った作品ですが、そんな歳月の流れがまったく感じられないほど、依然として驚くべき作品『インセプション』ですね。 この作品を劇場でまた見ることができて、特に巨匠「ハンス・ジマー」の傑作と言っても過言ではないその音楽たちと一緒に楽しんでください。

【2020年8月】『インセプション』フル動画、無料で見れる方法

『インセプション』フル動画、無料で見れる方法

『インセプション』フル動画はU-NEXTから見放題で見れます。31日間無料トライアルするだけで見放題はもちろん600ポイントもらえるので、レンタル作品も無料でご視聴できます。ぜひお試しください。

配信サービスはU-NEXTが一番です!

今すぐ31日無料トライアル

※お試し期間(31日間)のあいだに解約すれば、料金は一切かかりません!

 

  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の世界で一番映画を見る映画民族韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。仕事上がりでも、「アニメ1クール(11~13話)」「韓ドラ4~6話」「映画2~3作」程度は一日中で見るのが同然。

-感想

© 2020 動画オタク