感想

韓国映画『ソウォン/願い』感想、あらすじ、フル動画を無料で見れる方法

ソウォン/願い

『ソウォン/願い』あらすじ

幼女暴行事件の被害者家族の苦悩と再生を、韓国で実際に起きた事件を題材に描いたドラマ。「王の男」のイ・ジュンイクが監督を務め、性犯罪の被害にあった少女とその家族が、絶望の淵に立たされながらも希望を見出していく姿を描く。両親と幸せに暮らしていた8歳の少女ソウォンは、ある雨の朝、酒に酔った男に暴行されてしまう。ソウォンは身体と心に一生消えない傷を負い、追い打ちをかけるように病院にはマスコミが殺到、さらに犯人逮捕のために彼女の証言が必要となる。両親は愛する娘を守るべく奔走するが、ある出来事をきっかけに、ソウォンが父親に犯人の記憶を重ねておびえるようになり……。

<映画.comより>

『ソウォン/願い』感想

『ソウォン/願い』感想

出典:NAVER映画

ポイント

『ソウォン/願い』 (2013)

原題:소원

監督:イ・ジュンイク

キャスト:ソル・ギョング、オム・ジウォン、イ・レ、キム・ヘスク、キム・サンホ、ラ・ミラン、キム・ドヨプ

『ソウォン/願い』の評価

以前の性犯罪をテーマにした映画は、復讐や憤りが主な感情だったなら、映画の「願い」は、被害家族らがどのように回復し、立ち直り、再び平凡だった生活を取り戻すことができるかについて取り上げている。 また、韓国内の児童性犯罪に対する捜査、判決、マスコミに対する批判などの内容が含まれており、作品性が認められた。
何よりも無理な感動なしに観客の涙を誘う演出力と脚本が引き立つ。 個人差はあるだろうが、涙地雷のレベルだ。

『ソウォン/願い』内の事件

『ソウォン/願い』内の事件

出典:NAVER映画

この映画を理解するためには実際にあった韓国人としては少し恥ずかしい事件を話します。

+ チョ·ドゥスン事件

2008年12月11日、京畿道安山市檀園区(キョンギド·アンサンシ·タンウォング)の商店街ビルのトイレで、チョ·ドゥスンという男性が当時、満8歳の女児を拉致して性的暴行を加え、身体を傷つけた児童性的暴行や重傷害事件。 被害児童はこれによって性器と肛門の機能の80%を喪失し、人工肛門を作らなければならない永久障害を負った。

事件発生から約1年後、放送でその顛末が明らかになり、インターネットを通じて広まり、韓国では激しい議論を巻き起こした。

初期には「ナヨン」事件という名称で多く呼ばれたが、「ナヨン」は被害者保護のための仮名であるだけで、実際の被害者の名前はナヨンではなく、そもそも事件名に被害者を意味する名前を付けること自体が2次加害と考えられる可能性があるため、責任のある加害者の名前を付けて「チョ·ドゥスン事件」と呼び直そうという主張が出た。これに対し、マスコミおよび社会の共感が形成され、主要マスコミと検察警察側から当該事件をチョ·ドゥスン事件と称されるようになった。しかし、一部のマスコミ各社、特に最初に報道したKBSの場合、屈せず「ナヨン事件」として報道している。

この事件をきっかけに、児童性犯罪への国民の意識が高まり、児童性犯罪関連処罰法の強化を求める声が高まっている。 その後、児童性犯罪に対する処罰が強化されたが、チョ·ドゥスンは2020年12月12日に出所が予定されており、再犯の恐れが非常に大きく、社会的な議論になっている。

『ソウォン/願い』の構成

『ソウォン/願い』の構成

出典:NAVER映画

映画ソウォンは怒りは感じますが、被害者であるソウォンの治癒過程を描くドラマジャンルです。実話をもとにしてるのでもっと映画に共感できますが、最後まで見るとすっきりしてない感じします。事件があったソウォンは精神的なショックで異常行動を開始します。無意識的で男を避けて怖がります。事件の状況を把握するために尋ねた児童精神専門医から傷は病院にあれば治るのですが、心の中のトラウマはこれからだと意見します。

ソウォンの両親は、最初は娘を精神病者扱いするのが嫌で断りましたが、ソウォンの様子がおかしいと思い、結局治療を受けます。

『ソウォン/願い』の感動

『ソウォン/願い』の感動

出典:NAVER映画

この映画ではわざと涙をだせ!という場面はないです。ソウォンの治癒する過程で人たちの暖かさに涙が出ます。

何も悪くない子供、そして、頑張って生きていた家族が何である犯罪者によってこんな苦しみをもらわなければならないか?という悔しさの感情を利用せずに周りの人たちがソウォンを手伝ってくれます。

映画『ソウォン/願い』の真正性は「事件そのもの」ではなく「事件後の被害家族の平凡な日常を回復すること」にあると監督が明らかにしたように、映画『ソウォン/願い』は既存の性犯罪を扱った映画とは違う立場でアプローチしている。復讐や怒りではなく、治癒と回復に重点を置いたのだ。

このようなイ・ジュンイク監督の演出意図は、性的暴行事件の場面を除いて、すべての画面を治癒と回復の過程に対する話で埋めていったという点からも分かる。

何よりも映画は敏感な性的暴行の素材を刺激的な場面で伝えない演出力が目立つ。

「カメラ目線で他人の苦痛をどう撮るか」、いわゆる「再現の倫理」という難題の前に「絶対不純な態度で映画を撮らないように」というイ・ジュンイク監督の真正性が見える。

『ソウォン/願い』の感動-00

出典:NAVER映画

例えば、性的暴行事件も底に捨てられた「黄色い傘」で簡単に描写する。 その他の捜査過程や子どもへの治療過程などでも、性的暴行に関する刺激的な場面や暴力性を最大限自制し、映画の真正性にすべての焦点を合わせようとする細心な努力がうかがえる。

イ・ジュンイク監督の本気度が通じただろうか。ソウォンと家族が傷を癒し、日常に戻るために努力する場面一つ一つに、観客は自然に心が動き、絶えず涙を流す。

しかし、その涙がただ胸の痛む悲しみに止まるのではなく、暖かい慰めと希望を見つけられるようにしてくれるという点でその意味は格別だと言える。

無惨な事故に遭ってから、一生、人工肛門をかぶり、排便袋を着用しなければならない9歳の少女。

その幼い少女の口から「なぜ生まれたのか」という一言に観客は胸が詰まる

性的暴行のトラウマで、父親すら恐れる願いが…。そのようなソウォンの閉ざされた心を開くために、汗を流しながらキャラクター人形の服を着る父親の姿に観客は悲しんでいる。

『ソウォン/願い』の感動-01

出典:NAVER映画

『ソウォン/願い』まとめ

『ソウォン/願い』まとめ

出典:NAVER映画

さらに、このような感動の中心にソウォン役を演じたイレさんの演技に触れざるを得ない。 演技の経験もほとんどないうえ、その年では感じられない敏感な感情を、どうしてそんなに自然で繊細に表現できるのか一言で驚く。

映画の中で、ソウォンは再び平穏な日常に戻ってくる。 弟のソマンが生まれ、友達のヨンソクとも仲良くする。 父親のドンフンも以前のように野球の再放送を見ながら不平を言う。

実際、映画でソウォンが再び日常に戻ってこられたのは、偏見なく温かく接してくれた家族や周辺の人々の助けが大きかった。映画の中のこのような設定は、被害者が社会に適応して生きていけるように手助けする配慮が必要だというイ·ジュンイク監督の意図が働いている。

もちろん現実は映画よりはるかに苦しく残酷だ。体と心に消すことのできない傷を抱えて一生を生きていかなければならない苦痛、また繰り返されるのではないかという不安、色眼鏡で見る人々の偏見など…。絶え間ない戦いはいつ終わるか分からない。

「なぜ生まれたのか」とため息をついたソウォンが生まれた弟ソマン(願望)を見ながら「お前、本当に生まれてよかった」と言う。

現実は悲惨だが、にもかかわらず映画はこう言うのではないだろうか。

「なぜ生まれたのか」とため息をつく日も多いだろうが、「本当に生まれてよかった」と温かい共感と慰めの手が必要な日も多いという。 そうやって今日を耐えてこそ、より良い明日を期待できるという。

『ソウォン/願い』口コミ

『ソウォン/願い』口コミ

出典:NAVER映画

評価

NAVER映画: 9.33

IMDb: 8.3

好評判

  • 後悔はしないと思います。 正直、皆さん。アクションスケールが大きいような 映画やスペックのいい映画は必要ありません。 ソル·ギョングさん嗚咽したんですが、本当に一緒に泣きました。 心が複雑で暖かいですね。 『7番房の奇跡』の単なる涙しぼりとは違う深いですね。 演技がとてもいいし、おすすめです。
  • わんわん泣きたいなら見てください本当に暖かいですね。ソル·ギョングさんも 信じていたほど最高です。 途中のココモンすごく可愛かったです。他の映画よりこれ信じてみてください。 正直に。
  • 本当に現実感を持って、そしてその犯罪だけを見せるのではなく、どのように治癒していくべきか、そして犯罪を見つめる視点がどうあるべきかを正確に教えてくれた映画だと思います。

悪評判

  • 本当に残念な事件ではあるが敢えて映画までは.. こんな実話内容なら何でも10点注は決まった点数は飾りだし..こんなことで興行収益を稼ぐのもやめてほしい。 実話という点を除けば、全く面白くもなく、大した映画だ。
  • 韓国映画はつまらない。
  • あえてこれを映画化して、どうして当事者だけ痛い記憶をまた思い出させるんだ? 映画でも記者たちが押し寄せてくる場面を見て、必死に逃げながら、いざ映画を作るのは大丈夫?これはどういう論理か。

【2020年9月】『ソウォン/願い』フル動画、無料で見れる方法

『ソウォン/願い』フル動画、無料で見れる方法

出典:NAVER映画

『ソウォン/願い』フル動画はU-NEXTから見放題で見れます。31日間無料トライアルするだけで見放題はもちろん600ポイントもらえるので、レンタル作品も無料でご視聴できます。ぜひお試しください。

映画にはU-NEXT

  • 見放題作品数No.1!(2020年9⽉時点)
  • 洋画・邦画の見放題9,000作品以上を含む。
  • 190,000本以上の映像が⾒放題。
  • 80誌以上が読み放題。
  • スマホやタブレットで⼿軽に読めます。
  • 1,200ポイントを毎月もらえる。翌⽉に持ち越す※
  • 無料トライアル期間中の解約でも大丈夫です!

※最大90日まで持ち越し可能。
※子アカウントでもご利用いただけます。

韓国ドラマはU-NEXTが一番です!

今すぐ31日無料トライアル

※お試し期間(31日間)のあいだに解約すれば、料金は一切かかりません!

 

  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の世界で一番映画を見る映画民族韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。仕事上がりでも、「アニメ1クール(11~13話)」「韓ドラ4~6話」「映画2~3作」程度は一日中で見るのが同然。

-感想

© 2020 動画オタク