感想

洋画『フォレスト・ガンプ/一期一会』感想。あらすじ、フル動画を無料で見れる方法

フォレスト・ガンプ サムネイル

『フォレスト・ガンプ/一期一会』あらすじ

IQが75をしているフォレストは、自分をいじめるほかの子供たちとは違って、親切にしてくれるジェニーに出会うことになる。 その後、天使のようにきれいなジェニーとは、かけがえのない間柄になる。 ある日、悪童たちのいたずらを避けて逃げていたフォレストは、風のように走れる素質を見せる。

それによって、高校もアメリカンフットボールの選手になり、ついに大学にまでサッカー選手として入学できるようになる。 しかし、幼い頃から父親に虐待を受けてきたジェニーは、いつも自分の夢のフォークソング歌手になるために努力し、大学まで除籍され、いわゆる「ヒッピーグループ」に入ってあちこちをさ迷う。

一方、青年になったフォレストは大学卒業後、軍に入隊し、ベトナムで俊足のおかげで戦友を助けるという功労をあげる。 その功労で勲章までもらって除隊したフォレストは戦場で死んだ仲間の夢を追いかけて

えびす漁船の船主となって大金をためることになる。その頃、母親が危篤の事実を知ったフォレストは故郷に戻り、パートナーのダン中尉がアップル社に投資して大金を儲けるようになると、病院や教会、そして亡くなった戦友の遺族に金を配り、一人で暮らしながらジェニーを待つ。

『フォレスト・ガンプ/一期一会』感想

『フォレスト・ガンプ/一期一会』感想

ポイント

『フォレスト・ガンプ/一期一会』、Forrest Gump 1994

監督:ロバート・ゼメキス

キャスト:トム・ハンクス, サリー・フィールド, ロビン・ライト, ゲイリー・シニーズ

『フォレスト・ガンプ/一期一会』は、ウィンストン·グルームの1986年の同名小説に基づいた映画で、主人公のフォレスト·ガンプは知的能力は少し足りないが、素直で言うとおりに尽くす性格のおかげで、走る能力を発見し、軍隊でも高い評価を受け、結局、白長者になるのです。 このように<フォレストガンプ>の主なストーリーは、主人公『フォレスト・ガンプ/一期一会』の人間勝利の物語であり、1960-1970年代のアメリカ社会を反映しています。

映画の最初のシーンから、ずっと主人公のガンプが繰り出すセリフがあります。

お母さんはいつも人生はチョコレート箱みたい。 食べるまでには中身は分からない。

このセリフはガンプが人生を生きてきた態度を含んでいます。 一寸先も見えない人間の運命を意味します。

悪童たちを避けて逃げて偶然発見した彼の走り能力が、彼の人生全体を変化させてくれます。 『フォレスト・ガンプ/一期一会』である意味、運命をそのまま受け入れ、自分に与えられた人生を認めなければならないという態度は、受動的に見えるかもしれません。 しかし、自ら規則を厳格に守り、それを根気よくやりこなして卓球選手、フットボール選手、戦争の英雄になったという点で、ガンプの人生も価値があると言えるのですが。

私たちは、何か目標を立てて計画して、そこに向かって走っていませんか? 人間の暮らしは本当に多様です。 私たちのように挑戦的な人生を送ることも、ガンプのように自分の人生をそのまま受け入れることもできます」 どんな人生がもっと価値があるとは言えません。 しかし、走ることだけで根気を持って、自分の与えられた運命の中で最善を尽くすという点で、十分に価値があるのではないでしょうか。

『フォレスト・ガンプ/一期一会』評価

『フォレスト・ガンプ/一期一会』評価

映画の描写の一部のため、よく「米国の共和党」に代表される保守主義者のための映画として見ることもあるが、そう見るには、保守主義者が見るには非常に良くない場面もたくさんある。 代表的に、社会ではいつも馬鹿にされていたフォレストガンプが訓練所に行くと、教官が『お前のような天才は初めて見た!』 「IQ160でもあるようだ!」と絶賛されるシーンや、政治家が暗殺されたり不正腐敗を犯して辞任するなどのシーンも含まれている。 ましてジャメキス監督は民主党支持者だ。

ただ、見栄だけでいっぱいの中途半端な運動圏のヒッピーたちを激しく叩いたり、歌手になると言って飛び出していったジェニーが、ストリップショーで、裸でギターを弾きながら歌う立場になったことを見れば、対策のない自由主義者たちも楽しく批判する。反戦運動をしながら自由な理想を夢見ると叫んでいたジェニーが、実は愚直なフォレストガンプに頼るようになる場面で、保守主義を呼ぶ場面があるとも言われるが、この場面は現実のヒッピーたちにも通用する場面だ。 もちろん、成人になったジェニーが父親の家に石を投げながら号泣する場面で、児童性暴力がジェニーの生を踏みにじった万悪の根源という解釈も可能だ。

一方では、フォレストがアメリカンドリームとアメリカ社会の明るい面を、ジェニーがアメリカ社会の暗い断面を象徴するという意見もある。 フォレストとジェニーが偶然重なった運命のように、落ちるように離れずに最後まで一緒にいるのが単純に美しいロマンスだけでなく、米国社会の明暗もまた一緒にいてくれるという象徴だということだ。

この映画の政治性に対する論争は、ある面で見れば『国際市場で逢いましょう』に対する政治的論争と似ている面がある。 両作品とも保守主義的価値観を擁護する作品という評価を受けており、そのような評価には確かに正当性がある。 しかし、だからといって両作品を保守主義プロパガンダと見ることは不十分であり、保守主義的価値観が持つ滑稽な面貌や不条理に対しても、ほとんど露骨な嘲弄に見えるほど率直に表わしている。 このような点から見ると、両作品とも保守主義的価値観の実践者である主人公を肯定的に描写することで、保守主義的価値観に対する肯定的な観点も表わしていると言えるが、この水準を超えてそのような価値観を積極的に擁護し、防御したほどではないと言える。

『フォレスト・ガンプ/一期一会』フル動画、無料で見れる方法

『フォレスト・ガンプ/一期一会』フル動画、無料で見れる方法

『フォレスト・ガンプ/一期一会』フル動画はU-NEXT会員なら見放題で見れます。31日間無料トライアル期間があるのでぜひお試しください。

国際市場で逢いましょう

『フォレスト・ガンプ/一期一会』と似ている韓国おすすめ人気映画『国際市場で逢いましょう』もU-NEXTから見放題で楽しめます!

配信サービスはU-NEXTが一番です!

今すぐ31日無料トライアル

※お試し期間(31日間)のあいだに解約すれば、料金は一切かかりません!

  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の世界で一番映画を見る映画民族韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。仕事上がりでも、「アニメ1クール(11~13話)」「韓ドラ4~6話」「映画2~3作」程度は一日中で見るのが同然。

-感想

© 2020 動画オタク