感想

洋画『フォードvsフェラーリ』感想。あらすじ、フル動画を無料で見れる方法

フォードvsフェラーリ

『フォードvsフェラーリ』あらすじ

かつてレーサーとして活躍し、今は気鋭のカー・デザイナーとしての日々を送るキャロル・シェルビーのもとに、アメリカ最大の自動車メーカー、フォード・モーター社からオファーが届く。それは、ル・マン24時間耐久レースで絶対王者に君臨していたイタリアのフェラーリ社に勝てる車を造ってほしいという、不可能とも思える内容だった。さっそくシェルビーは凄腕のイギリス人ドライバーのケン・マイルズを口説き、2人でレーシングカー、フォードGT40の改良とテストを重ねていくが…。<公式サイトより>

『インセプション』感想

『インセプション』感想

naver映画

ポイント

『フォードvsフェラーリ』 (2019)

原題:

Ford v. Ferrari

監督:ジェームズ・マンゴールド

キャスト:マット・デイモン, クリスチャン・ベイル, トレイシー・レッツ, カトリーナ・バルフ

『ローガン』のジェームズ・マンゴールド監督が2年ぶりに帰ってきました。 マット・デイモンとクリスチャン・ベールを筆頭にジョン・バーンタル、ジョシュ・ルーカス、ノア・ズーフらが名を連ねた『フォードVフェラーリ』です。 当初は今年6月に封切りする予定でしたが、クリスチャン・ベールをアカデミーのランナーにしたかったのか、封切り日は年末に変えてしまいました。 ディズニーの買収後もまだ20世紀フォックスのロゴが押されています。

『インセ『インセプション』感想-01プション』感想

naver映画

1960年代、販売活路を求めていたフォードは大胆にもレーシング界に進出を宣言します。 手始めに業界の絶対的1位だったフェラーリを買収しようとするが、契約に失敗しただけでは足りず、侮辱まで受けたヘンリー・フォード2世は、フェラーリを壊す計画を指示します。フォードはル・マンレース優勝者出身のデザイナー、キャロル・シェルビーを迎え入れ、シェルビーは自分の長年の友人であり、情熱と実力では欠かせないレーサー、ケン・マイルズを連れてきます。 不可能に挑戦する二人の疾走はそのように始まります。

劇場のスピーカーでブルンブルンと鳴るモーターの音が客席まで震えます。 シェルビーは自動車のRPMが7000を超える瞬間を、一種の境地と言います。 運転台、自動車道、ひいては道路さえも感じられません。 映画はただ前に向かって走るだけの、まさにその瞬間を観客に伝えるために最善を尽くし、徹底した準備過程で彼をさらに完璧に完成させようと努力します。

タイトルは「フォードVフェラーリ」で、まるでフォードとフェラーリという2社の対決に注目するようですが、映画は事実上ケン・マイルズの伝記映画路線に沿っています。長年の友人シェルビー、夫人モーリー、息子ピーターなどマイルズを中心に構成された登場人物たちは中盤を越えて意図された構図をさらに強固にします。事件から出発して十分な見どころを提供した後、最初から計画していた人物に集中します。

そのため、映画の一貫性は部分的に落ちるしかありません。 最初のシーンで登場したシェルビーのレーシングや医師面談シーンなどは、1、2行の会話に移ることができ、ジョン・バーンタルのリアコカは、ジョシュ・ルーカスのレオビビに完全に埋められ、存在意義を喪失する。152分という長いランニングタイムを決心さえしていれば、いくらでも節約できたという話です。

これを含む『フォードVフェラーリ』の全般的な残念さは、皮肉にもケン・マイルズの完璧さに起因します。マイルズは言葉通り自動車業界の導師です。どの車も一度運転してみるだけでどの部品がどう問題なのか誰よりも正確に分かります。 整備だけ上手だと思ったらレーシング能力はもっと完璧です。 車体の長所や短所を知っている人が走行まで見事にこなすので、話し相手ぐらいしてくれるのでないと助っ人なんかいりません。

そのため、ほとんどの葛藤は、完璧なマイルズの行く手を少しでも遮る、残りのすべての人々の鈍感さと間抜けさから始まります。マイルズが全面的な統制権を持っていく瞬間、映画の起承転結が出てこないだろうから、適当な悪役が必要で、自然に口を開けば、いちいちけちをつける無知な洋服屋のキャラクターが出てくるしかないですね。

それに、映画はフォードとフェラーリの競争構図を公正に描くつもりもありません。 ただ自分の席で自分のすべきことを一生懸命やったおかげで業界最高になったフェラーリは、しかめっ面で傲慢なことを言うイタリア人に成り下がります。 根性のアメリカ人労働者が過ちもなかったロシア日本連合の悪党をぶち壊した『リアルスチール』と似たような描写です。 いくつかの場面を見ると、かえって悪いことをするのはフォードとシェルビーの方なのにです。

人物に集中したかったのですが、一方では事件の活力を諦められなかったはずです。欲張っていたというよりは、正確にどこへ進んでいいか分からなかったように見えます。 だから『フォードVフェラーリ』というタイトルがこの起承転結を結ぶ最善の選択だとは考えにくいです。 しかし、レーシングという素材に期待する見どころも十分で、ケン·マイルズという人物を観客の脳裏に刻むことにも成功します。特に後者の響きと余韻は、クリスチャン・ベールでなかったら容易ではなかったはずです。

『インセプション』感想-02

naver映画

まず、この映画をきちんと見るためには基本的な背景知識がなければならないのに。欧州最高のレーシング大会である「ル・マン24」や米自動車メーカーのフォードがどのように大会に出場するのか、など。これを手短でありながらも詳しく映画の中で説明している。

この説明が劇中で自然に観客の理解を助けるために説明してくれるし、出場するようになった背景もドラマチックに描かれているので背景知識がなくても十分に理解しながら見ることができる。

何より欧州諸国で米国という国は「根本のない」国であり、不渡りで会社がつぶれても米国には売らないという姿などがよく表れており、当時の雰囲気も垣間見ることができる。

そもそも「ヘンリー・フォード」が設立したフォード社は当時、米国でも中低価の庶民車として認識されており、甚だしくは単一色に似た外見で最大限単価を減らし、安い価格で優位を占めていた。 ここに大量生産体制を取り揃えて汗水垂らす欧州の職人精神が透徹した自動車製造業の反対側にあるため、フェラーリの立場ではフォードが出した合併買収の件に対して不便だったしかない。

さらに劇中で「ヘンリー・フォード2世」に伝える言葉や「フェラーリ」工場に行った時、エンジンまでどのように作るかを見せてくれる。

アメリカ人もヨーロッパ人に好意的ではなかったのですが。「ケン」の性格が荒いが、劇中でイギリス人をひっくるめて悪口を言う姿も見られる。 この映画の面白さは、このような背景を忠実に生かしたということだ。

ここに第二次世界大戦が終わって46年から65年の間に生まれた「ベビーブーマー」世代は、経済的安定を土台に安い庶民車である「フォード」よりはヨーロッパの名車が好きになるのですが。

ドラマの中で「リー」が「フォード2世」にプレゼンターをして見せたように、当時熱狂した「ジェームズ・ディーン」や「ジェームズ・ボンド」は主にヨーロッパ車に乗っていた。

だから60年代になって「フォード」の自動車販売は急減せざるを得なくなる背景を持たざるをえなかった。 次善策としてル・マン24に挑戦することになる。

『インセプション』感想-03

naver映画

「ル・マン24」は1923年、フランスのル・マンで初めて始まったレースで、24時間走る競走大会だが…。どれだけ危険かというと、レーストラック自体がレースのために作られたのではなく、ただ元々ある道をレースのために大まかに塞いで走るだけで、ただきれいな道を走るわけでもないし…。街灯がよく発達して視野が確保できるわけでもないため、レース競走で死亡するドライバーの数も少なくない大会だ。

映画は、このようなル・マン24や自動車についてよく知らなくても、十分に進入できるように解説している。 もちろん、車のオタクならもっと楽しんで見ることができるし。

興味深い点は『フォードVフェラーリ』ですが、 実際に「フォード」と「フェラーリ」の間の争いよりも。 序盤「シェリー」のナレーションでも出てくるように、自分自身との戦いにもっと集中する。 これに自分の敵と共に内部の敵まで加わる。 現実的に劇中の少ない「フェラーリ」ではなく、別に存在することがうかがえる。 もちろん、'打倒フェラーリ'で作られたチームではあるが。

そのため、この映画のタイトルは「シェリーとケン対フォード」といった方がより合う表現に見えるほどである。

とにかく映画そのものの流れが良くて。レーシングで見せる緊張感も抜群に描かれる。

さらに、幹部間の対立や車両欠陥など、事件を多岐に配置させ、退屈さを最小限に止めるなど、叙事の緩急がよい。

そして、この映画の醍醐味は<怒りの疾走>シリーズのようにレーシングをアクション化して緊張感を与えることを目的としないという点だが。

景気状況を見せてくれるワイドショットをはじめ、車の中で車の正面を見せてくれるミディアムショット、rpmと計器板を見せてくれるクローズアップを通じて追い越しに対するスリルと正面で事故が発生する危険性と恐れを伝達することに最大限努力する。

これは単に娯楽的に消費されるものではなく、刺激的であるとともに危険度の高い競技であることを示しながら、大会の生々しさを伝えることに努めた。

このようなスリルあふれるレーシングもあるが…。

何よりもこの映画が面白いのは。

「自分が好きなこと」をしながら、自らアイデンティティを具体化して。自分の能力を十分活用しながら勝利の足場にするという点だ。

『インセプション』感想-04

naver映画

そして、そのような過程の中で自らも一歩成長する姿を見せてくれます。 特に、「ケン」の変化が最も目立つ。序盤と確実に変わった後半部を見ながら、成長と勝利がどのようなものなのかよく見せてくれます。

これは成長映画としての蓋然性とテーマ性を明確にしていると言える。

一言で言って、よくできた映画だということだ。

また、米国の「フォード」がル・マン24で優勝したことでソ連の人工衛星を米国より先に打ち上げ、「ケネディ」の死亡など挫折感に陥った米国人を歓呼させた。

いざ、その裏には企業という利潤追求と合理化を見せることで、個人の努力をどのように挫折させるかをよく見せてくれる。 おかげで「米国バンザイ」と描かれない点もこの映画の長所。

俳優たちの演技と演出、構図など、すべて申し分なくよくできた映画です。

【2020年8月】『フォードvsフェラーリ』フル動画、無料で見れる方法

『フォードvsフェラーリ』フル動画、無料で見れる方法

naver映画

『フォードvsフェラーリ』フル動画はU-NEXTから440円で見れます。31日間無料トライアルするだけで見放題はもちろん600ポイントもらえるので、レンタル作品も無料でご視聴できます。ぜひお試しください。

配信サービスはU-NEXTが一番です!

今すぐ31日無料トライアル

※お試し期間(31日間)のあいだに解約すれば、料金は一切かかりません!

  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の世界で一番映画を見る映画民族韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。仕事上がりでも、「アニメ1クール(11~13話)」「韓ドラ4~6話」「映画2~3作」程度は一日中で見るのが同然。

-感想

© 2020 動画オタク