映画記事

カンヌ映画祭で注目された韓国映画8選

cannes-korea-movie

パラサイト』がカンヌ映画祭でパルムドールを受賞したが、それ以前から多様な韓国映画が海外で好評を受けてきたのも素晴らしいということだ。 特に、カンヌ映画祭のコンペティション部門をはじめ、非コンペティション部門に招請された韓国映画だけを考えても数十本、他の映画祭に招待されメディアで紹介された映画は数多いので、これらの映画は再確認してもいい作品ではないかと思ってまとめてみた。

競争、非競争を区別せず、カンヌ映画祭に招待され、海外で先に公開され好評を受けてきた多様な韓国映画。 今日はこの映画を紹介して推薦したいと思います。 好みによって少しずつ分かれることはできるが、作品そのものの魅力や特徴は、はっきりした映画ではないかと思った10本の映画を集めてみた。 映画を整理している途中悟ったことだが、「青少年観覧不可」等級の映画が多い点は参考にすると良いだろう。 演出と演技、どれも欠かすことなく魅力的な映画だと思いますので、ご参考ください。

カンヌ映画祭で注目された韓国映画8選

紹介の順序は公開日であり、カンヌ映画祭の公式招待作品の中にまとめてあることを明らかにする。

『オールド・ボーイ』 (2003)

オールド・ボーイ

映画情報
タイトル オールド・ボーイ 올드보이 Oldboy
監督 パク・チャヌク
キャスト チェ・ミンシク ユ・ジテ カン・ヘジョン
ジャンル サスペンス・ミステリー
上映時間 120分
観客動員数 3,269,000
公開年度 2003
評価<NAVER映画> 9.04

『オールドボーイ』は平凡なサラリーマンの隊数が酒に酔ったある日、誰かに連れ去られ監禁されることになり、そこで中華料理店の焼き餃子だけを食べて時間を過ごす物語です。 監禁15年後、15年前に拉致された場所に釈放され、自分が監禁された部屋の正体と自分を閉じ込めた人を探しながら一つずつ明らかになっていく過程の映画だ。

ポイント

第57回カンヌ映画祭コンペティション部門招待

第57回カンヌ国際映画祭審査員大賞受賞

注意ポイント

第57回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に招かれて審査員大賞を受賞したパク・チャヌク監督の<オールドボーイ>は、15年という歳月の間、理由の分からない小さな部屋に閉じ込められた男の物語を描き出している。 この作品を通じて初めてカンヌ映画祭に招待されたパク・チャンウク監督の作品で、主人公の視線を追いかけるため、後半まで理由が分からないまま展開されるストーリーが人生の深い作品だ。 チェ・ミンシク俳優が後半部直前まで一人で全ての劇をリードするという点で、よりすごい映画として共演する俳優たちの感情表現も魅力的だ。 青少年観覧不可等級なので参考してください。

【オールド・ボーイ】配信サービス一覧

『渇き』 (2009)

渇き

映画情報
タイトル 渇き 박쥐 Thirst
監督 パク・チャヌク
キャスト ソン・ガンホ キム・オクビン シン・ハギュン キム・ヘスク
ジャンル スリラー
上映時間 133分
観客動員数 2,237,271
公開年度 2009
評価<NAVER映画> 6.27

<渇き>は、死んでいく患者たちを見ていなければならない神父サンヒョンが無気力さに苦しみ、海外で行われるワクチン開発実験に自発的に参加し、ウイルス感染で死に至るが、正体不明の血を輸血され、それによってヴァンパイアになってしまったストーリーを描く。 そして一人の女性、テジュによって欲望を感じるようになる彼の話だ。

ポイント

第62回カンヌ映画祭コンペティション部門招待

第62回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞

注意ポイント

第62回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に招かれて審査員賞を受賞したパク·チャヌク監督の『渇き』は、死の淵まで行ったがヴァンパイアになり、友人の妻と恋に落ちて次第に危険になる状況を描く。 ヴァンパイアという独特な設定を持っているが、濃いメロドラマの性格を帯びていると同時に、他の韓国映画では見られない新鮮な映像とイメージが引き立つ作品である。 特に、他の作品では見られなかったソン·ガンホ俳優のキャラクターも目立つ映画、全く違う決意キャラクターと消化力に驚かされる。 先に紹介した映画と同じく「青少年観覧不可」等級なので参考にする。

【渇き】配信サービス一覧

『無頼漢 渇いた罪』 (2015)

無頼漢 渇いた罪

映画情報
タイトル 無頼漢 渇いた罪 무뢰한 The Shameless
監督 オ・スンウク
キャスト チョン・ドヨン キム・ナムギル クァク・ドウォン パク・ソンウン
ジャンル 恋愛
上映時間 118分
観客動員数 414,626
公開年度 2015
評価<NAVER映画> 7.88

犯人を捕まえるためにはどんな手段でも使える刑事チョン・ジェゴン(キム・ナムギル)彼は人を殺して行方をくらましたパク・ジュンギル(パク・ソンウン)を追っている。 彼を捕まえる唯一の糸口は、パク・ジュンギルの恋人であるキム・ヘギョン(チョン・ドヨン)ジェゴンは正体を隠したまま、ヘギョンが働いているクラブマカオの営業常務に入る。 しかし、ジェゴンはジュンギルを捕まえるためにヘギョンのそばにいる間、退廃的で強そうな飲み屋の女性に背を向けたヘギョンの寂しさと涙、純粋さを感じる。 ひたすら犯人を捕まえるという目標の中毒になっていた彼は、自分の感情の正体も分からないまま心が揺れる。 そして、いつ連絡が来るか分からないジュンギルを待っていたヘギョンは、自分のそばにいてくれる彼に心を開き始める。

ポイント

第68回カンヌ映画祭「注目すべき視線」部門に招待

注意ポイント

第68回カンヌ映画祭「注目すべき視線」部門に招待されたオ・スンウク監督の「無頼漢」は、刑事と容疑者の恋人、良い目的で会えない二人の関係を、きわどい感情線で描く。 直接的に二人の感情は描かないが、それでも彼らの微妙な感情を感じることができるのが特徴だ。 韓国映画『密陽』(2008)でカンヌ映画祭主演女優賞を受賞したチョン·ドヨンの魅力が改めて感じられる作品であり、それまでは見られなかったキム·ナムギルの魅力を再発見できる映画である。 同様に、青少年観覧不可等級です。

【無頼漢 渇いた罪】配信サービス一覧

『哭声 コクソン』 (2016)

哭声 コクソン

映画情報
タイトル 哭声 コクソン 곡성 The Wailing
監督 ナ・ホンジン
キャスト クァク・ドウォン ファン・ジョンミン 國村隼 チョン・ウヒ
ジャンル スリラー
上映時間 156分
観客動員数 6,879,989
公開年度 2016
評価<NAVER映画>  7.61

<コクソン>は、村に不慣れな侵入者が現れてから起こる疑問の連鎖事件で、村が混乱し、すべての事件の原因がその外地にあるという噂と疑念が広まった後の話を描く。 警察のジョングは現場を目撃したという女性に会い、さらに娘がおかしな症状に陥ると、巫女の日光を呼び込み、次第に取り返しのつかない状況を迎える。

ポイント

第69回カンヌ国際映画祭非コンペティション部門招待

注意ポイント

チェイサー』と『黄海』を通じてカンヌ映画祭にすでに2回招待されたナ・ホンジン監督の3回目のカンヌ映画祭の招待作『コクソン』は、映画の最初から最後まで登場する全ての人物、そして彼らの話と行動が描かれる場面を一つも逃してはならないほど構成されている。 それだけ様々な面で没入せざるを得ないストーリーを備えており、超自然的な状況と疑問の分からないストーリーで最後まで好奇心を刺激する作品だ。 主演、助演を問わず、誰もが優れた演技力を備えた映画で、「15歳観覧可」等級だが、精神的に大変な映画になり得ることを考慮してほしい。

【哭声 コクソン】配信サービス一覧

『お嬢さん』 (2016)

お嬢さん

映画情報
タイトル お嬢さん 아가씨 The Handmaiden
監督 パク・チャヌク
キャスト キム・ミニ キム・テリ ハ・ジョンウ チョ・ジヌン
ジャンル スリラー
上映時間 144分
観客動員数 4,289,008
公開年度 2016
評価<NAVER映画> 7.13

1930年代、日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた少女スッキは、藤原伯爵と呼ばれる詐欺師から、ある計画を持ちかけられる。それは、莫大な財産の相続権を持つ令嬢・秀子を誘惑して結婚した後、精神病院に入れて財産を奪い取ろうというものだった。計画に加担することにしたスッキは、人里離れた土地に建つ屋敷で、日本文化に傾倒した支配的な叔父の上月と暮らす秀子のもとで、珠子という名のメイドとして働きはじめる。しかし、献身的なスッキに秀子が少しずつ心を開くようになり、スッキもまた、だます相手のはずの秀子に心惹かれていき…<映画.comより>

ポイント

第69回カンヌ映画祭コンペティション部門招待

注意ポイント

第69回カンヌ国際映画祭の公式部門に招待され、多くのメディアに好評と熱い関心を集めたパク・チャヌク監督の『お嬢さん』は、韓国を背景にしていながら異国的な雰囲気を醸し出す設定と状況により、魅惑的な雰囲気の色と暗い雰囲気の小物などを利用して独特な映像を披露する。 ややレベルの高いシーンとストーリーが展開されるが、これより感覚的な映像美と終わりのないストーリーが視線を奪っていく映画だ。 キム·ミンヒをはじめ、キム・テリ、ハ・ジョンウ、チョ・ジンウンの新たな発見と言えるほど、優れた演技が一寸先も見えないようにする。 青少年観覧不可等級の映画です。

【お嬢さん】配信サービス一覧

『名もなき野良犬の輪舞』 (2018)

名もなき野良犬の輪舞

映画情報
タイトル 名もなき野良犬の輪舞 불한당: 나쁜 놈들의 세상 The Merciless
監督 ビョン・ソンヒョン
キャスト ソル・ギョング シワン チョン・ヘジン キム・ヒウォン
ジャンル クライム
上映時間 120分
観客動員数 951,687
公開年度 2017
評価<NAVER映画> 6.01

<名もなき野良犬の輪舞>は、犯罪組織の第一人者を狙うジェホと、世の中の恐ろしい覇気にあふれる新人ヒョンスが刑務所で出会い、互いに惹かれ合い、粘り強い義理を確かめることから始まる物語である。 出所後、ともに権力を握るために意気投合していたところ、各自の隠してきた野望が少しずつ現われ、新たな事実を知りながら揺れる関係、その中の物語が描かれる。

ポイント

第70回カンヌ映画祭深夜上映部門招待

注意ポイント

第70回カンヌ映画祭の深夜上映の主人公だったピョン・ソンヒョン監督の「名もなき野良犬の輪舞」は、慣れたノワールから一歩進んで、ちょっと変わった雰囲気の映画に仕上がった映画である。 ノワールであり2人の終わりを知らないロマンス、その中で見せてくれる映像美と色感も無視できず、このような感情を伝える2人の女優ソル・ギョングとイム・シワンの演技が目立つ作品だ。 監督に対する論難のため推薦については悩んだが、映画自体だけを見ると、欠かすことのできない映画だと思ってリストに入れたのだから、意図を分かってもらいたい。 青少年観覧不可等級です。

【名もなき野良犬の輪舞】配信サービス一覧

『バーニング 劇場版』 (2018)

バーニング 劇場版

映画情報
タイトル バーニング 劇場版 버닝 BURNING
監督 イ・チャンドン
キャスト ユ・アイン スティーブン・ユァン チョン・ジョンソ
ジャンル サスペンス・ミステリー
上映時間 148分
観客動員数 528,125
公開年度 2018
評価<NAVER映画> 6.66

『バーニング』は流通会社のアルバイトであるジョンスは配達をして幼い頃、同じ町に住んでいたヘミと出会い、彼女にアフリカ旅行に行っている間、自分が飼っている猫の面倒を見てほしいと頼まれて描かれる物語だ。 以後、旅行から帰ってきたヘミがアフリカで出会った正体不明の男ベンを紹介し、彼に秘密の趣味を聞いたジョンスが捕らわれる感情を描いた作品だ。

ポイント

第71回カンヌ映画祭コンペティション部門招待

注意ポイント

第71回カンヌ映画祭のコンペティション部門に招待されたイ・チャンドン監督の『バーニング』は、一人の女性と二人の男を通じて疑問が残る表現が目立つ作品だ。 それほど公開後、互いに異なる解釈やストーリーが思い浮かんだ映画で、多くのものがそれぞれ違う意味を持っていると予想を集める映画だ。 主人公のジョンスの視線からついていく話だけに、彼らの話がどこまでが本物かつ想像なのか分からないのがポイントだ。 不親切に感じられるかもしれないが、その分、多くのことを考えさせることが魅力として感じられることもある。 ただし、好みによって好き嫌いが分かれることがあるのは注意しなければならない。 青少年観覧不可等級の映画です。

【バーニング 劇場版】配信サービス一覧

『工作 黒金星と呼ばれた男』 (2018)

工作 黒金星と呼ばれた男

映画情報
タイトル 工作 黒金星と呼ばれた男 공작 The Spy Gone North
監督 ユン・ジョンビン
キャスト ファン・ジョンミン イ・ソンミン チョ・ジヌン チュ・ジフン
ジャンル ドラマ
上映時間 137分
観客動員数 4,975,517<韓国69位>
公開年度 2018
評価<NAVER映画> 6.84

『工作』は1993年、北朝鮮の核開発をめぐって韓半島の危機が高まった時、情報司令部少佐出身で安企部にスカウトされたパク・ソクヨンが「黒金星」という暗号名で北朝鮮の高位層内部へ潜入せよという指令を受けて描かれた話だ。 しかし、1997年、韓国と北朝鮮の首脳部の間の密かな取り引きを感知した彼が、取り留めようのない葛藤に包まれるようになる。

ポイント

第71回カンヌ映画祭深夜上映部門招待

注意ポイント

第71回カンヌ国際映画祭の深夜上映部門に招待されたユン・ジョンビン監督の『工作』は、「黒金星事件」を題材にしているが、実話を扱った映画よりは映画的なストーリーを投げかける作品だ。 スパイ映画で欠かせないスパイが主人公という点で、若干の緊張感を募らせるのが魅力的だが、それより南と北の関係を利用した物語での緊迫感がより引き立つ作品だ。 当該映画を通じて、大鐘賞映画祭主演男優賞ファン・ジョンミン、百想芸術大賞男優最優秀演技賞イ·ソンミン、釜日(プイル)映画賞助演男優賞チュ・ジフンまで俳優たちの目立つ演技を見ることができる。 12歳観覧可。

【工作 黒金星と呼ばれた男】配信サービス一覧

まとめ

no タイトル ジャンル 公開日 視聴時間 観客動員数 naver評価
1 オールド・ボーイ サスペンス・ミステリー 2003 120 3,269,000 9.04
2 渇き スリラー 2009 101 2,237,271 6.27
3 無頼漢 渇いた罪 恋愛 2015 118 414,626 7.88
4 哭声 コクソン スリラー 2016 156 6,879,989 7.61
5 お嬢さん スリラー 2016 144 4,289,008 7.13
6 名もなき野良犬の輪舞 クライム 2017 120 951,687 6.01
7 バーニング 劇場版 サスペンス・ミステリー 2018 148 528,125 6.66
8 工作 黒金星と呼ばれた男 ドラマ 2018 137 4,975,517 6.84

 

  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の世界で一番映画を見る映画民族韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。仕事上がりでも、「アニメ1クール(11~13話)」「韓ドラ4~6話」「映画2~3作」程度は一日中で見るのが同然。

-映画記事

© 2020 動画オタク