『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』無料動画視聴、感想まとめ

ヴァイオレット・エヴァーガーデン
ヴァイオレット・エヴァーガーデン
原作 暁佳奈
監督 石立太一
製作 京都アニメーション
放送期間 2018年冬
話数 全13話
評価(myanimelist) 8.63/10
公式サイト サイト
ジャンル ファンタジー 戦争 恋愛

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』あらすじ

とある大陸の、とある時代。

大陸を南北に分断した大戦は終結し、世の中は平和へ向かう気運に満ちていた。

戦時中、軍人として戦ったヴァイオレット・エヴァーガーデンは、軍を離れ大きな港町へ来ていた。戦場で大切な人から別れ際に告げられた「ある言葉」を胸に抱えたまま――。

街は人々の活気にあふれ、ガス灯が並ぶ街路にはトラムが行き交っている。ヴァイオレットは、この街で「手紙を代筆する仕事」に出会う。それは、依頼人の想いを汲み取って言葉にする仕事。

彼女は依頼人とまっすぐに向き合い、相手の心の奥底にある素直な気持ちにふれる。そして、ヴァイオレットは手紙を書くたびに、あの日告げられた言葉の意味に近づいていく。

シリーズ

無料視聴可能な動画配信サービス

サビース名 放送状態(1※) 作品数 月額 お試し期間 ダウンロード 画質(2※)
Netflix 見放題 600以上 880円(税込)~ SD/HD/4K

この放送状態は2021年1月10日基準です。詳しくは各サビースをご覧ください。
1※レンタルは1話ごとにポイントが必要です。1話200ptなら1クール(13話)、200pt X 13=2300pt
2※SDはスマホでも見れないクソレベル、HDからはまぁまぁ、詳しくはYOUTUBEを参考にしてください。スマホなら1080pなら最大て感じ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の無料動画視聴のためには色々サイトやサービスがありますが、これからのアニメ生活のためにも動画配信サービスを利用するのを推薦します。 僕がおすすめする動画配信サービスは2つです。「U-NEXT」と「dアニメストア」(得点配信は「Netflix」)です。
以外にも動画配信サービスでアニメを視聴可能ですが、アニメ専門だけ押しているので、ご了承ください。 とにかくオタクの入口にいるあなたには選択肢は2つ(dアニメストア、U-NEXT)でオッケーです。 「Netflix」以外には無料視聴期間があるので好きなサビースすれば良いです。ネットフリックスは得点配信用で「1ヶ月一気にまる用」でよく使います。無料期間前にのサービスを解約して乗り換えも大丈夫です。

「Netflix」世界最大のサビースアニメは?

NETFLIXは一番有名なサビースですが、なんか日本ではあんまり向いてないです。オリジナル作品が強いし、アメリカドラマ系が強いので好みではない人は実際見る作品あんまりないです。
ですが、資金力で得点配信が多いので特定作品に強いのはあります。僕のおすすめアニメである『斉木楠雄のΨ難』がNETFLIXしかないでちょっと残念です。無料視聴方法はなしです。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』関連動画

PV

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』感想

まず評点はかなり高い方で、ヴァイオレット·エバーガーデン特有の感動的な話と秀麗な作画を気に入る評が大多数だ。 モエとギャグがほとんどないのはメロジャンルなので当然だが、作品の呼吸が遅いため退屈だという反応も多かった。

全般的に優れた作画と映像美、音楽が高い評価を受けている。 作画については異論の余地がないほどすばらしいが、特に線が非常に細く多い。 このように線が多ければ、絵を一つ描く時、線を引く回数が幾何級数に増え、チェックすることが増えて、作画監督、童話検収の修正負担が大幅に増えることになるが、総作画監督の高瀬彰子がこれを一つ一つすべて生かした。 池田彰晃は生前、「どうしてあんなに線の多い作画を描くことができるのか」と高瀬晶子をほめたという。

ストーリー展開の主要プロットであるヴァイオレットの成長過程で感じられるカタルシスや感動よりは依頼人たちの物語が盛り込まれた短編エピソードから、より爆発力のある演出へと、新鮮な感動を与えようとしているという批判もある。

この作品の中でヴァイオレットは、依頼人たちを紹介する話者、観察者、助力者の位置に立っている。 バイオレットは依頼人たちとの出会いで、「内的成長を遂げる」という結末があるものの、作品の真なる主人公は、実はバイオレットではなく依頼人たちだということだ。

評価をまとめると、京都アニメーションらしい繊細な作画力と感受性を持ち合わせているが、感受性だけに頼った演出が多い。

  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の世界で一番映画を見る映画民族韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。仕事上がりでも、「アニメ1クール(11~13話)」「韓ドラ4~6話」「映画2~3作」程度は一日中で見るのが同然。

-

© 2021 VODオタク