『さくら荘のペットな彼女』無料動画視聴、感想まとめ

さくら荘のペットな彼女
さくら荘のペットな彼女
原作 鴨志田一
監督 いしづかあつこ
製作 J.C.STAFF
放送期間 2012年秋
話数 全24話
評価(myanimelist) 8.21/10
公式サイト サイト
ジャンル 青春 学園 ラブコメ

『さくら荘のペットな彼女』あらすじ

学園の問題児の巣窟「さくら荘」に住む高校2年生の神田空太は、変人たちに振り回されながら、「脱・さくら荘!!」を誓う毎日。そんなある日、「さくら荘」に、可愛くて清楚で、しかも世界的な天才画家である椎名ましろが越してくる。彼女を寮の変人たちから守らねば!と考える空太だったが、ましろにはとんでもない秘密があった。なんと彼女は外に出れば必ず道に迷い、部屋はめちゃくちゃ、ぱんつすら自分で選べないし、穿けない、生活破綻少女だったのだ!空太は寮生たちによってましろの“飼い主”に任命されてしまう。こうして凡人・空太と天才少女・ましろの“飼い主とペット”生活が幕を開け・・・?この物語は、変人と天才と凡人が織りなす青春学園ラブコメである。

無料視聴可能な動画配信サービス

サビース名 放送状態(1※) 作品数 月額 お試し期間 ダウンロード 画質(2※)
U-Next 見放題 4,000以上 2,189円(税込) 31日間 FHD, 4K
dアニメストア 見放題 4,000以上 440円(税込) 31日間 SD/HD
Amazonプライム 見放題 700以上 500円(税込) 30日間 SD/HD/4K

この放送状態は2021年1月10日基準です。詳しくは各サビースをご覧ください。
1※レンタルは1話ごとにポイントが必要です。1話200ptなら1クール(13話)、200pt X 13=2300pt
2※SDはスマホでも見れないクソレベル、HDからはまぁまぁ、詳しくはYOUTUBEを参考にしてください。スマホなら1080pなら最大て感じ

『さくら荘のペットな彼女』の無料動画視聴のためには色々サイトやサービスがありますが、これからのアニメ生活のためにも動画配信サービスを利用するのを推薦します。 僕がおすすめする動画配信サービスは2つです。「U-NEXT」と「dアニメストア」(得点配信は「Netflix」)です。
以外にも動画配信サービスでアニメを視聴可能ですが、アニメ専門だけ押しているので、ご了承ください。 とにかくオタクの入口にいるあなたには選択肢は2つ(dアニメストア、U-NEXT)でオッケーです。 「Netflix」以外には無料視聴期間があるので好きなサビースすれば良いです。ネットフリックスは得点配信用で「1ヶ月一気にまる用」でよく使います。無料期間前にのサービスを解約して乗り換えも大丈夫です。

これからアニメにはまる人は「dアニメストア」

安い、(作品数)多いアニメのために作られたサービスなので選べない理由はございません。だった月440円で劇場版以外のアニメはほぼ見放題で楽しめるます。
問題点としては、決済はクレジットカード、ドコモキャリア決済しかないので、学生は決済方法で困ることがありことと、画質がよくないこと(携帯では良いけれど、PCやテレビでは見れない画質です。最低FHD(1080p)はならないと…) こんなお得な値段で作品数も豊かなサビースは「dアニメストア」しかないです。1ヶ月は無料期間期なのでご覧ください。

dアニメストア無料お試しはコチラ

テレビ代用、色んなコンテンツは「U-NEXT」

総合的にサービスを比較すると「dアニメストア」と比べ物にならないほど規模が違うサービスです。アニメさえ「作品数、高画質、複数端末、PS3,4対応」等で「dアニメストア」より「U-NEXT」が上です。ただ、月額が高いことで余裕ある人は「U-NEXT」がおすすめです。アニメを除いても映画、ドラマ、色んな動画で国内No1です。

U-NEXT無料お試しはコチラ

現代人なら使うべきの「Amazonプライム」

動画配信サービス以外に「Amazon無料配送」など、超お得なサビースを月500円で使えるので正直言うと職業を持っている社会人なら必ず利用するべきのサービスです。動画配信サービスはおまけです。 まだ、ご利用にならなかった方は文明の素晴らしいさを味わってください。

『さくら荘のペットな彼女』関連動画

PV

『さくら荘のペットな彼女』感想

低い頻度のエロシーンなどの理由で、同時代にすでにテンプレート化されて低迷しているラブコメ界に彗星のように登場したラブコメの定石的秀作という評価も存在する。また、内容が展開されるにつれて増えつつある登場人物の現実的な悩みと、それによって徐々に絡み合っていく愛情線や罪悪感を解決していくことで、それぞれが成熟した関係への跳躍と精神的成長を実現するという部分では「青春物」として高評価されることもある。ここに人物間の関係を解いていく上で、様々な事件が適材適所で有機的に作用し、キャラクターの断面的では判断できない心理状態と、それによる言動が見る人に高度な没入と情緒的共感を誘導する。このようにしっかりした構成に、見てからの余韻が長いという点が話題にもなった。

  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の世界で一番映画を見る映画民族韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。仕事上がりでも、「アニメ1クール(11~13話)」「韓ドラ4~6話」「映画2~3作」程度は一日中で見るのが同然。

-

© 2021 VODオタク