『マルドゥック・スクランブル (圧縮-燃焼-排気)』無料動画視聴、感想まとめ

マルドゥック・スクランブル
マルドゥック・スクランブル (圧縮-燃焼-排気)
原作 冲方丁
監督 工藤進
製作 GoHands
放送期間 2010年
話数 全1話
評価(myanimelist) 7.46/10
公式サイト サイト
ジャンル SF クライム アクション ドラマ

『マルドゥック・スクランブル (圧縮-燃焼-排気)』あらすじ

主人公・ルーン=バロットは、マルドゥック市で生きる未成年娼婦(ティーン・ハロット)。
バロットは、“今”を自分の心の殻に閉じこもることでやりすごす術を身につけ、いつしかその卵の殻に閉じこもる日常を送るようになっていた。
ある日、行き場を失くしていた彼女は、一人の野心家でありカジノ経営者であるシェルに拾われる。
シェルはバロットに全てを与えた。偽りの生、偽りの過去、そして偽りの今、まさに人一人の人格をも書き換える全てを。
バロットは、今を与えてくれたシェルに感謝したかった。何故シェルが「私」に全てを与えたのかを知りたかった。確かめたかった。
そのために、バロットは与えられた経歴をコンピュータで照会した。その1回の過ちが、大きく人生を変えることとなる。

無料視聴可能な動画配信サービス

サビース名 放送状態(1※) 作品数 月額 お試し期間 ダウンロード 画質(2※)
U-Next 見放題 4,000以上 2,189円(税込) 31日間 FHD, 4K
FOD 見放題 1,400以上 976円(税込) 14日間 SD/HD
TSUTAYA TV 500 1,000以上 1,026(税込) 30日間 SD/HD

この放送状態は2021年1月10日基準です。詳しくは各サビースをご覧ください。
1※レンタルは1話ごとにポイントが必要です。1話200ptなら1クール(13話)、200pt X 13=2300pt
2※SDはスマホでも見れないクソレベル、HDからはまぁまぁ、詳しくはYOUTUBEを参考にしてください。スマホなら1080pなら最大て感じ

『マルドゥック・スクランブル (圧縮-燃焼-排気)』の無料動画視聴のためには色々サイトやサービスがありますが、これからのアニメ生活のためにも動画配信サービスを利用するのを推薦します。 僕がおすすめする動画配信サービスは2つです。「U-NEXT」と「dアニメストア」(得点配信は「Netflix」)です。
以外にも動画配信サービスでアニメを視聴可能ですが、アニメ専門だけ押しているので、ご了承ください。 とにかくオタクの入口にいるあなたには選択肢は2つ(dアニメストア、U-NEXT)でオッケーです。 「Netflix」以外には無料視聴期間があるので好きなサビースすれば良いです。ネットフリックスは得点配信用で「1ヶ月一気にまる用」でよく使います。無料期間前にのサービスを解約して乗り換えも大丈夫です。

テレビ代用、色んなコンテンツは「U-NEXT」

総合的にサービスを比較すると「dアニメストア」と比べ物にならないほど規模が違うサービスです。アニメさえ「作品数、高画質、複数端末、PS3,4対応」等で「dアニメストア」より「U-NEXT」が上です。ただ、月額が高いことで余裕ある人は「U-NEXT」がおすすめです。アニメを除いても映画、ドラマ、色んな動画で国内No1です。

U-NEXT無料お試しはコチラ

『マルドゥック・スクランブル (圧縮-燃焼-排気)』関連動画

PV

『マルドゥック・スクランブル (圧縮-燃焼-排気)』感想

社会構成員で一番弱くみじめな幼い女性の残酷でありながら人間的な復讐劇を描いた作品でした。 3部作の副題「圧縮」、「燃焼」、「排気」とぴったりの主人公の心理的変化を感じました。

全体的にアクションシーンは少なかったですが、それぞれのアクションが本当にすごかったし、カジノでのシーンはアクションよりもっと息が荒く見えました。

作品が表出したい家庭内性的暴力、社会的弱者、人間倫理問題についてキャラクターたちの過去の回想や行動を通じてよく伝達されたと思います。

しかし、全体的にストーリーが柔軟に進む感じではなく、ウフコックの意外性に依存しすぎた部分があったと思います。

目立ったOSTもなかったのが残念でした。それでも勧善懲悪の形を維持しながら、主人公が成熟した大人になっていく過程は視聴者を楽にしてくれたと信じています。SFアニメをお探しの方におすすめです。

  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の世界で一番映画を見る映画民族韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。仕事上がりでも、「アニメ1クール(11~13話)」「韓ドラ4~6話」「映画2~3作」程度は一日中で見るのが同然。

-

© 2021 VODオタク