『この音とまれ!』無料動画視聴、感想まとめ

この音とまれ
この音とまれ!
原作 アミュー
監督 水野竜馬
製作 プラチナビジョン
放送期間 2019年春
話数 全26話
評価(myanimelist) 8.43/10
公式サイト サイト
ジャンル 異世界 コメディ ファンタジー チートキャラ

『この音とまれ!』あらすじ

和楽器「箏」を扱う“箏曲部”は、先輩たちの卒業で倉田武蔵ただ1人。しかも部室は不良たちに占拠され廃部寸前。そんな箏曲部に突然、札付きの不良で知られる1年生・久遠愛が入部希望でやってくる。しかし、武蔵は彼のことを信用しきれず…。

無料視聴可能な動画配信サービス

サビース名 放送状態(1※) 作品数 月額 お試し期間 ダウンロード 画質(2※)
U-Next 220 4,000以上 2,189円(税込) 31日間 FHD, 4K
Amazonプライム 220 700以上 500円(税込) 30日間 SD/HD/4K
FOD 見放題 1,400以上 976円(税込) 14日間 SD/HD
TSUTAYA TV 220 1,000以上 1,026(税込) 30日間 SD/HD

この放送状態は2021年1月10日基準です。詳しくは各サビースをご覧ください。
1※レンタルは1話ごとにポイントが必要です。1話200ptなら1クール(13話)、200pt X 13=2300pt
2※SDはスマホでも見れないクソレベル、HDからはまぁまぁ、詳しくはYOUTUBEを参考にしてください。スマホなら1080pなら最大て感じ

『この音とまれ!』の無料動画視聴のためには色々サイトやサービスがありますが、これからのアニメ生活のためにも動画配信サービスを利用するのを推薦します。 僕がおすすめする動画配信サービスは2つです。「U-NEXT」と「dアニメストア」(得点配信は「Netflix」)です。
以外にも動画配信サービスでアニメを視聴可能ですが、アニメ専門だけ押しているので、ご了承ください。 とにかくオタクの入口にいるあなたには選択肢は2つ(dアニメストア、U-NEXT)でオッケーです。 「Netflix」以外には無料視聴期間があるので好きなサビースすれば良いです。ネットフリックスは得点配信用で「1ヶ月一気にまる用」でよく使います。無料期間前にのサービスを解約して乗り換えも大丈夫です。

レンタルは「U-NEXT」

U-NEXTは無料登録だけで、600ポイントを貰えます、課金になる翌月からは毎月1200ポイント貰えます。総合的にサービスを比較すると「dアニメストア」と比べ物にならないほど規模が違うサービスです。アニメさえ「作品数、高画質、複数端末、PS3,4対応」等で「dアニメストア」より「U-NEXT」が上です。ただ、月額が高いことで余裕ある人は「U-NEXT」がおすすめです。アニメを除いても映画、ドラマ、色んな動画で国内No1です。

U-NEXT無料お試しはコチラ

『この音とまれ!』関連動画

PV

『この音とまれ!』感想

割2クール作

第1クール:2019年4月 – 6月
第2クール:2019年10月 – 12月

ポイント

音楽を通じて成長していく少年少女たちの美しいヒーリングジャンル。

箏全国大会をめぐり、さまざまな事情と事情が調和した若者たちの成長期を描いた作品。

今回の作品もやはり、箏演をめぐって濃いヒューマンストーリーを描いている。

天才後継者と彼女の宗家をめぐるストーリーがしっかりと映し出されていて…

様々な反転と驚きを醸し出し、絶えず没入し、結末に入っては「見てよかった」と感じるほどの感動を与える。

刺激的なアクションやモエがないにもかかわらず,目が離せない美しい作品

扇情性の部分を見れば分かりますが、アクションやサービスは本当に一つもなく、純粋に音楽と青春だけに集中する一様なストーリーを見せてくれる。

最終的には、皆が着実に前に進んでいる部分を明確かつ感動的に見せてくれる。箏という音楽では珍しい純粋な青春成長ストーリーを見せてくれた作品

  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の世界で一番映画を見る映画民族韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。仕事上がりでも、「アニメ1クール(11~13話)」「韓ドラ4~6話」「映画2~3作」程度は一日中で見るのが同然。

-

© 2021 VODオタク