『甲鉄城のカバネリ』無料動画視聴、感想まとめ

甲鉄城のカバネリ
甲鉄城のカバネリ
監督 荒木哲郎
製作 WIT STUDIO
放送期間 2016年春
評価(myanimelist) 7.26/10
公式サイト サイト
ジャンル アクション ファンタジー

『甲鉄城のカバネリ』あらすじ

世界中に産業革命の波が押し寄せ、近世から近代に移り変わろうとした頃、突如として不死の怪物が現れた。鋼鉄の皮膜で覆われた心臓を撃ち抜かれない限り滅びず、それに噛まれた者も一度死んだ後に蘇り人を襲うという。後にカバネと呼ばれる事になるそれらは爆発的に増殖し、全世界を覆い尽くしていった。極東の島国である日ノ本(ひのもと)の人々は、カバネの脅威に対抗すべく各地に「駅(えき)」と呼ばれる砦を築き、その中に閉じ籠もることでなんとか生き延びていた。駅を行き来ができるのは装甲蒸気機関車(通称、駿城(はやじろ))のみであり、互いの駅はそれぞれの生産物を融通しあうことでなんとか生活を保っていた。製鉄と蒸気機関の生産をなりわいとする顕金駅(あらがねえき)に暮らす蒸気鍛冶の少年、生駒(いこま)。彼はカバネを倒すために独自の武器「ツラヌキ筒(づつ)」を開発しながら、いつか自分の力を発揮できる日が来るのを待ち望んでいた。そんなある日、前線をくぐり抜けて駿城(はやじろ)の一つ甲鉄城(こうてつじょう)が顕金駅(あらがねえき)にやってくる。車両の清掃整備に駆りだされた生駒(いこま)は、義務であるカバネ検閲を免除される不思議な少女を目撃する。その夜、生駒(いこま)が無名(むめい)と名乗る昼間の少女と再会するなか、顕金駅(あらがねえき)に駿城(はやじろ)が暴走しながら突入してきた。乗務員は全滅し、全てカバネに変わっていたのだ!顕金駅(あらがねえき)に溢れ出るカバネたち。パニックに襲われる人々の波に逆らうようにして、生駒(いこま)は走る。今度こそ逃げない、俺は、俺のツラヌキ筒(づつ)でカバネを倒す!―――こうして、本当に輝く男になるための生駒(いこま)の戦いが始まるのだった。

シリーズ

無料視聴可能な動画配信サービス

サビース名 放送状態(1※) 作品数 月額 お試し期間 ダウンロード 画質(2※)
U-Next 見放題 4,000以上 2,189円(税込) 31日間 FHD, 4K
dアニメストア 見放題 4,000以上 440円(税込) 31日間 SD/HD
Amazonプライム 見放題 700以上 500円(税込) 30日間 SD/HD/4K
Netflix 見放題 600以上 880円(税込)~ SD/HD/4K
FOD 見放題 1,400以上 976円(税込) 14日間 SD/HD
TSUTAYA TV 232 1,000以上 1,026(税込) 30日間 SD/HD

この放送状態は2021年1月10日基準です。詳しくは各サビースをご覧ください。
1※レンタルは1話ごとにポイントが必要です。1話200ptなら1クール(13話)、200pt X 13=2300pt
2※SDはスマホでも見れないクソレベル、HDからはまぁまぁ、詳しくはYOUTUBEを参考にしてください。スマホなら1080pなら最大て感じ

『甲鉄城のカバネリ』の無料動画視聴のためには色々サイトやサービスがありますが、これからのアニメ生活のためにも動画配信サービスを利用するのを推薦します。 僕がおすすめする動画配信サービスは2つです。「U-NEXT」と「dアニメストア」(得点配信は「Netflix」)です。
以外にも動画配信サービスでアニメを視聴可能ですが、アニメ専門だけ押しているので、ご了承ください。 とにかくオタクの入口にいるあなたには選択肢は2つ(dアニメストア、U-NEXT)でオッケーです。 「Netflix」以外には無料視聴期間があるので好きなサビースすれば良いです。ネットフリックスは得点配信用で「1ヶ月一気にまる用」でよく使います。無料期間前にのサービスを解約して乗り換えも大丈夫です。

これからアニメにはまる人は「dアニメストア」

安い、(作品数)多いアニメのために作られたサービスなので選べない理由はございません。だった月440円で劇場版以外のアニメはほぼ見放題で楽しめるます。
問題点としては、決済はクレジットカード、ドコモキャリア決済しかないので、学生は決済方法で困ることがありことと、画質がよくないこと(携帯では良いけれど、PCやテレビでは見れない画質です。最低FHD(1080p)はならないと…) こんなお得な値段で作品数も豊かなサビースは「dアニメストア」しかないです。1ヶ月は無料期間期なのでご覧ください。

dアニメストア無料お試しはコチラ

テレビ代用、色んなコンテンツは「U-NEXT」

総合的にサービスを比較すると「dアニメストア」と比べ物にならないほど規模が違うサービスです。アニメさえ「作品数、高画質、複数端末、PS3,4対応」等で「dアニメストア」より「U-NEXT」が上です。ただ、月額が高いことで余裕ある人は「U-NEXT」がおすすめです。アニメを除いても映画、ドラマ、色んな動画で国内No1です。

U-NEXT無料お試しはコチラ

現代人なら使うべきの「Amazonプライム」

動画配信サービス以外に「Amazon無料配送」など、超お得なサビースを月500円で使えるので正直言うと職業を持っている社会人なら必ず利用するべきのサービスです。動画配信サービスはおまけです。 まだ、ご利用にならなかった方は文明の素晴らしいさを味わってください。

「Netflix」世界最大のサビースアニメは?

NETFLIXは一番有名なサビースですが、なんか日本ではあんまり向いてないです。オリジナル作品が強いし、アメリカドラマ系が強いので好みではない人は実際見る作品あんまりないです。
ですが、資金力で得点配信が多いので特定作品に強いのはあります。僕のおすすめアニメである『斉木楠雄のΨ難』がNETFLIXしかないでちょっと残念です。無料視聴方法はなしです。

『甲鉄城のカバネリ』関連動画

PV

『甲鉄城のカバネリ』感想

「甲鉄城のカバネリ」は竜頭蛇尾のストーリーです。序盤のゾンビのようなカバネの登場と機関車に連結された駅のためアポカリプス的要素が多かったので、こういうものが好きなファンにはとても好評でした。

また、特有の暗い雰囲気と凉しい戦闘場面がかなり魅力的でしたが、このような長所はストーリー中盤を過ぎてから変わるようになりました。ストーリー中盤からは特有の世界観が直接的にすることがなくなります。

カバネの役割が少なくなるにつれ、アポカリプス的要素も少なくなり、主人公の無名が中心となり、結局後半になるにつれて内容がアポカリプスから複数物へと完全に変わりました。 竜頭蛇尾のような作品ですし、カバネの魅力も無くなった作品なので、今後第2期が出るとはいえまったく期待できないそんな作品です。

  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の世界で一番映画を見る映画民族韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。仕事上がりでも、「アニメ1クール(11~13話)」「韓ドラ4~6話」「映画2~3作」程度は一日中で見るのが同然。

-

© 2021 VODオタク