『推しが武道館いってくれたら死ぬ』無料動画視聴、感想まとめ

推しが武道館いってくれたら死ぬ
推しが武道館いってくれたら死ぬ
原作 平尾アウリ
監督 山本裕介
製作 エイトビット
放送期間 2020年冬
話数 全12話
評価(myanimelist) 7.46/10
公式サイト サイト
ジャンル オタク 百合

『推しが武道館いってくれたら死ぬ』あらすじ

岡山県在住のえりぴよは、岡山のマイナー地下アイドル「ChamJam」のメンバー・舞菜を推す熱狂的なアイドルオタク。収入のすべてを推しに貢ぎ、24時間推しの事を考え、いつか舞菜が武道館のステージに立つ日を夢見て、えりぴよは今日もドルオタ活動に励む。

無料視聴可能な動画配信サービス

サビース名 放送状態(1※) 作品数 月額 お試し期間 ダウンロード 画質(2※)
U-Next 220 4,000以上 2,189円(税込) 31日間 FHD, 4K
Amazonプライム 220 700以上 500円(税込) 30日間 SD/HD/4K
FOD 見放題 1,400以上 976円(税込) 14日間 SD/HD
TSUTAYA TV 200 1,000以上 1,026(税込) 30日間 SD/HD

この放送状態は2021年1月10日基準です。詳しくは各サビースをご覧ください。
1※レンタルは1話ごとにポイントが必要です。1話200ptなら1クール(13話)、200pt X 13=2300pt
2※SDはスマホでも見れないクソレベル、HDからはまぁまぁ、詳しくはYOUTUBEを参考にしてください。スマホなら1080pなら最大て感じ

『推しが武道館いってくれたら死ぬ』の無料動画視聴のためには色々サイトやサービスがありますが、これからのアニメ生活のためにも動画配信サービスを利用するのを推薦します。 僕がおすすめする動画配信サービスは2つです。「U-NEXT」と「dアニメストア」(得点配信は「Netflix」)です。
以外にも動画配信サービスでアニメを視聴可能ですが、アニメ専門だけ押しているので、ご了承ください。 とにかくオタクの入口にいるあなたには選択肢は2つ(dアニメストア、U-NEXT)でオッケーです。 「Netflix」以外には無料視聴期間があるので好きなサビースすれば良いです。ネットフリックスは得点配信用で「1ヶ月一気にまる用」でよく使います。無料期間前にのサービスを解約して乗り換えも大丈夫です。

レンタルは「U-NEXT」

U-NEXTは無料登録だけで、600ポイントを貰えます、課金になる翌月からは毎月1200ポイント貰えます。総合的にサービスを比較すると「dアニメストア」と比べ物にならないほど規模が違うサービスです。アニメさえ「作品数、高画質、複数端末、PS3,4対応」等で「dアニメストア」より「U-NEXT」が上です。ただ、月額が高いことで余裕ある人は「U-NEXT」がおすすめです。アニメを除いても映画、ドラマ、色んな動画で国内No1です。

U-NEXT無料お試しはコチラ

『推しが武道館いってくれたら死ぬ』関連動画

PV

『推しが武道館いってくれたら死ぬ』感想

もともと現実的な描写でオタクたちの間では知られた作品だが、アニメ化になってからオタクたち、特に2D&3Dアイドルオタクたちに話題になった。メジャーな作品でないにもかかわらず、原作をよく生かした秀麗できれいな作画とBGM、他のメジャー作品と比べてみても2D公演が惜しくないなど、アニメ化がうまくできたためだ。

原作では歌詞だけ言及される曲にメロディーをつけてライブをする場面が梅花に一度は出る。曲も作画もどちらも欠かすことのない原作を超えた評価。

主人公をはじめ、アイドルファンの姿も原作に劣らず、あまりにもうまく生かして共感するあまり、見ていると、本人がオタ活する姿が思い浮かんで恥ずかしくなり、途中で見るのをやめたという評価まであるほどだ。 演出がうまくいきすぎて好き嫌いが分かれるようになった特異事例。

  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の世界で一番映画を見る映画民族韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。仕事上がりでも、「アニメ1クール(11~13話)」「韓ドラ4~6話」「映画2~3作」程度は一日中で見るのが同然。

-

© 2021 VODオタク