『カウボーイビバップ』無料動画視聴、感想まとめ

カウボーイビバップ
カウボーイビバップ
原作 矢立肇
監督 渡辺信一郎
製作 サンライズ
放送期間 1998年
話数 全26話
評価(myanimelist) 8.79/10
公式サイト サイト
ジャンル SF アクション

『カウボーイビバップ』あらすじ

ワープゲートで各惑星が結ばれた2071年の太陽系。賞金稼ぎのスパイクとジェット、謎の女フェイ、天才ハッカー少女のエド、人間並みの知能を持つデータ犬アインの4人と1匹が、運命のいたずらから奇妙な共同生活を送ることになる。先の見えない賞金稼ぎを続けながら、彼らはなにを追い求めるのか?

無料視聴可能な動画配信サービス

サビース名 放送状態(1※) 作品数 月額 お試し期間 ダウンロード 画質(2※)
U-Next 見放題 4,000以上 2,189円(税込) 31日間 FHD, 4K
dアニメストア 見放題 4,000以上 440円(税込) 31日間 SD/HD
Amazonプライム 110 700以上 500円(税込) 30日間 SD/HD/4K
Hulu 見放題 950以上 1,026円(税込) 14日間 SD/HD/FHD
Netflix 見放題 600以上 880円(税込)~ SD/HD/4K
FOD 見放題 1,400以上 976円(税込) 14日間 SD/HD
TSUTAYA TV 100 1,000以上 1,026(税込) 30日間 SD/HD

この放送状態は2021年1月10日基準です。詳しくは各サビースをご覧ください。
1※レンタルは1話ごとにポイントが必要です。1話200ptなら1クール(13話)、200pt X 13=2300pt
2※SDはスマホでも見れないクソレベル、HDからはまぁまぁ、詳しくはYOUTUBEを参考にしてください。スマホなら1080pなら最大て感じ

『カウボーイビバップ』の無料動画視聴のためには色々サイトやサービスがありますが、これからのアニメ生活のためにも動画配信サービスを利用するのを推薦します。 僕がおすすめする動画配信サービスは2つです。「U-NEXT」と「dアニメストア」(得点配信は「Netflix」)です。
以外にも動画配信サービスでアニメを視聴可能ですが、アニメ専門だけ押しているので、ご了承ください。 とにかくオタクの入口にいるあなたには選択肢は2つ(dアニメストア、U-NEXT)でオッケーです。 「Netflix」以外には無料視聴期間があるので好きなサビースすれば良いです。ネットフリックスは得点配信用で「1ヶ月一気にまる用」でよく使います。無料期間前にのサービスを解約して乗り換えも大丈夫です。

これからアニメにはまる人は「dアニメストア」

安い、(作品数)多いアニメのために作られたサービスなので選べない理由はございません。だった月440円で劇場版以外のアニメはほぼ見放題で楽しめるます。
問題点としては、決済はクレジットカード、ドコモキャリア決済しかないので、学生は決済方法で困ることがありことと、画質がよくないこと(携帯では良いけれど、PCやテレビでは見れない画質です。最低FHD(1080p)はならないと…) こんなお得な値段で作品数も豊かなサビースは「dアニメストア」しかないです。1ヶ月は無料期間期なのでご覧ください。

dアニメストア無料お試しはコチラ

テレビ代用、色んなコンテンツは「U-NEXT」

総合的にサービスを比較すると「dアニメストア」と比べ物にならないほど規模が違うサービスです。アニメさえ「作品数、高画質、複数端末、PS3,4対応」等で「dアニメストア」より「U-NEXT」が上です。ただ、月額が高いことで余裕ある人は「U-NEXT」がおすすめです。アニメを除いても映画、ドラマ、色んな動画で国内No1です。

U-NEXT無料お試しはコチラ

「Netflix」世界最大のサビースアニメは?

NETFLIXは一番有名なサビースですが、なんか日本ではあんまり向いてないです。オリジナル作品が強いし、アメリカドラマ系が強いので好みではない人は実際見る作品あんまりないです。
ですが、資金力で得点配信が多いので特定作品に強いのはあります。僕のおすすめアニメである『斉木楠雄のΨ難』がNETFLIXしかないでちょっと残念です。無料視聴方法はなしです。

『カウボーイビバップ』関連動画

PV

『カウボーイビバップ』感想

最高のアクションアニメです。神名作です。

myanimelist のアニメURLを見ると番号になっていますが、その1が『カウボーイビバップ』です。9点代が出てないのが疑問。

20世紀を象徴するアニメーションの一つであると同時に、『アキラ』、『新世紀エヴァンゲリオン』、『攻殻機動隊』とともにSFアニメーションの最高峰と呼ばれる作品。 古典式と現代式を調和させ、一つの作品に収れんさせることに成功し、演出の概念を広げた作品で、成人向け作品とノワール、ハードボイルドジャンルの主流化をリードし、アニメーションであるにもかかわらず、非アニメーションの感性も成功裏に込め、独自の領域を構築したという点で高い評価を受けている。

アニメーションファンと呼ばれる「オタク」を量産したり、集めにくい構造と特性を持った作品である上、終映から20年が過ぎたにもかかわらず、現在まで人気と評判は非常に高い。

IMDbでは超high scoreの8.9点(鋼の錬金術師が9.1点)、Top250 TV Show部門では34位にランクされており、アニメーションだけで見ると6位にあたる高順位である。 スパイクも、アニメキャラクターの人気順位に外れない常連客だ。 アニメーションに対する先入観を持った人も無難に楽しむことができる作品として知られている。

  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の世界で一番映画を見る映画民族韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。仕事上がりでも、「アニメ1クール(11~13話)」「韓ドラ4~6話」「映画2~3作」程度は一日中で見るのが同然。

-

© 2021 VODオタク